港北区版 掲載号:2019年12月12日号 エリアトップへ

極真会館横浜北支部 上田選手、世界一 日本人、16年ぶり快挙

スポーツ

掲載号:2019年12月12日号

  • LINE
  • hatena
優勝トロフィーを手にする上田選手
優勝トロフィーを手にする上田選手

 極真会館横浜北支部・新横浜道場に所属する上田幹雄さん(24)が、11月22日〜24日に武蔵の森総合スポーツプラザ(東京都)で開催された「第12回オープントーナメント全世界空手道選手権大会」で初優勝。日本人選手として、16年ぶりの快挙達成となった。

 同大会は、極真会館が4年に一度開催する、体重無差別の「空手世界一」を決める直接打撃制空手の最高峰の大会。世界一の称号をかけて、各国から166人がエントリーした。上田選手は、昨年末の日本選手権で初優勝し、自身二度目の世界大会に挑戦。日本王者としての重圧もあったが「プレッシャーに負けるようでは世界一にはなれない。それに負けないよう練習を積み重ねた自信があった」と、計8試合の激戦を勝ち上がった。

 決勝は、本戦3分、延長2分でも決着はつかず、再延長戦へ。ここでも両者譲らぬ激闘となった2分間は「立っているだけでもしんどいほど」だった。大会規定により決着は、大会初日に割った板の枚数を競う、試し割判定に。6枚差をつけていた上田選手が初の戴冠となった。

 「空手を始めた5歳の頃からの夢。試合中は、これまでの思いが巡ってきた」と振り返る。極真会館の松井章奎館長からは「世界一には、強い者ではなく、ふさわしい者がなれる」と言われ、日頃の練習では妥協せず、礼節や立ち居振る舞いまで意識して過ごしたという。「紙一重だったが、日々の鍛錬が勝利につながった。必然の積み重ねが生んだ幸運だったかな」と振り返る。「周囲の人々の支えのおかげでここまでこれた。元々目標は世界二連覇。ここからがスタートラインと思い、修行に励みたい」と先を見据えた。

七五三のご祈祷承り中

師岡熊野神社は「横浜の祈願所 関東随一大霊験所」。詳細はHPを。

http://www.kumanojinja.or.jp/

<PR>

港北区版のトップニュース最新6

工事の安全を祈願

新綱島駅前再開発組合

工事の安全を祈願 社会

関係者ら一堂に

10月22日号

地域のつながり重視

区民の活動意識

地域のつながり重視 社会

調査結果を公表

10月22日号

小机の武将と戦国の世へ

小机の武将と戦国の世へ 文化

地元劇団がボイスドラマ

10月15日号

響け、私たちの音楽

響け、私たちの音楽 教育

区内中学吹奏楽部が交流会

10月15日号

災害医療に無線活用

港北区医師会

災害医療に無線活用 社会

緊急時の通信手段に

10月8日号

修学旅行、対応に苦慮

市立小中学校

修学旅行、対応に苦慮 社会

県内日帰りに変更も

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク