港北区版 掲載号:2020年1月16日号 エリアトップへ

港北区防災アプリ DL(ダウンロード)数1万5千超 意識の高まり反映

社会

掲載号:2020年1月16日号

  • LINE
  • hatena
港北区役所の橡木さん(右)と佐藤さん
港北区役所の橡木さん(右)と佐藤さん

 港北区公式防災アプリ「港北区防災情報アプリ」のダウンロード数が昨年の12月に15000を超えた。総務課長の橡木誠司さんは「防災意識の高まりを感じる。これからも信頼できる情報を発信できれば」と話している。

 同アプリは一昨年の3月に配信を開始した横浜市初の公式防災アプリ。ダウンロードは無料で、スマートフォンやタブレット端末で防災情報を得ることができる。

 区と共同でアプリを作成する会社によると、行政の発信する様々なジャンルのアプリでは人口に対して1%のDL数が多寡の目安。約35万人の港北区では当初、1万件のダウンロードを目指していたという。広報よこはまでの普及啓発や昨年の台風15号・19号の影響でDL数が大幅に増加。区役所では「鶴見川もあり防災に関心の高い地域であることや増加する転入者が情報収集にアプリを活用したことも要因では」と分析。「防災の学習機能もあるので、防災学習のツールになれば」と橡木さん。

 昨年の夏には、区民の声や利用者の声を反映し、アプリを一部改訂。ハザードマップで見られる情報が洪水だけでなく、内水浸水想定区域や液状化危険度、想定震度とより自然災害のリスクに備えられるようになった。担当職員の佐藤大介さんは「区役所に来なくても手軽に信頼できる情報を得ることができます。ぜひ自身の避難に生かしてもらえれば」と呼びかけた。

新横浜駅前「ラステル新横浜」

家族葬プラン 24時間ご安置・ご面会ができます 56万円税別~

http://lastel.jp/shinyokohama/

<PR>

港北区版のトップニュース最新6

防災・東京五輪など重点

2020年度港北区予算

防災・東京五輪など重点 社会

自主事業に1億1888万円

2月20日号

街に元気と活気を

大曽根在住花澤さん

街に元気と活気を 社会

自店でナイトフリマ

2月20日号

県の舞台へ初挑戦

港北区民ミュージカル

県の舞台へ初挑戦 文化

マグフェス’20で上演

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

まち普請事業に決定

菊名・錦が丘の市民団体

まち普請事業に決定 社会

“居場所”の整備進める

2月6日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

区内4企業が受賞

よこはまグッドバランス賞

区内4企業が受賞 経済

働きやすい環境を推進

1月30日号

新横浜プリンスぺぺ

半期に一度のクライマックスバーゲン 1月13日(月・祝)まで

http://www.seibu-shop.jp/shinyokohama/

関東労災病院 市民公開講座

肺がんや抗がん剤治療について専門医が分かりやすく説明

http://www.kantoh.johas.go.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク