港北区版 掲載号:2020年1月23日号 エリアトップへ

市男女共同参画貢献表彰 区内から2人が受賞 女性リーダー、地域で活躍

社会

掲載号:2020年1月23日号

  • LINE
  • hatena
お互いの存在が励みになっているという関さん(左)と防後さん。
お互いの存在が励みになっているという関さん(左)と防後さん。

 横浜市が2012年から実施する「男女共同参画貢献表彰」で今年度の受賞者が10日に発表され、港北区から関治美さん(新吉田あすなろ連合町内会長)と防後優子さん(城郷地区連合町内会長)が推進賞を受賞した。

 市では、男女共同参画社会の実現に向けて他の模範となる貢献のあった個人・団体に対し、表彰を実施している。

 今回、推進賞を受賞した関さんは、町内会役員を皮切りに1989年からは民生委員・児童委員の誘いを受けて活動。その後、新吉田あすなろ地区民生委員児童委員協議会会長、新吉田第一町内会長を経て、現在では新吉田あすなろ連合町内会長と同地区社会福祉協議会長を兼任。「今、週7日のうち、会議等の予定がないのは2日くらい。主婦なので、家事は予定の合間の時間にやっています」と微笑む。四人の子どもを育て上げ、義両親の介護を行いながらの地域活動に対しては「義父をはじめ、夫、家族が応援してくれたのでできたこと。子どもたちは、義両親が元気な頃はよく面倒見てもらいました」と謙遜する。地域活動は楽しいことも多く、当然のことをやっていただけなので表彰されて驚いているとも。

 同じく推進賞を受賞した防後さんは、市内初の女性だけの消防団の一期生。地域のこども会で活動していた際、町内会役員にと会長から誘われ、2008年の会長退任時には小机大堀町内会会長に。その後、区内初の女性の地区連合町内会長として城郷地区連合町内会長に。小机城址まつり実行委員長も兼任し、準備・運営を取り仕切る。「目の前の仕事を一つひとつこなしてきただけ。女性初の会長にという時、町内会の女性会員や役員の人たちから『応援してるよ』と声を掛けて貰ったのが力になった」と話す。子ども二人の育児、義母の介護も並行しての活動。「夫・家族の協力なしには続けられなかった。また人とのつながりが広がって、楽しいことも多いからこそ継続できたのだと思う」

 区連会議で女性は二人。これからも励ましあって活動していきたいと今後の抱負を述べた。

港北区版のトップニュース最新6

人と人つなぎ10年

街カフェ大倉山ミエル

人と人つなぎ10年 社会

多世代交流の場、創出

4月2日号

区内2団体が受賞

横浜環境活動賞

区内2団体が受賞 社会

児童への環境学習評価

4月2日号

4月の開校、目前

箕輪小

4月の開校、目前 社会

市教委「地域の支えに感謝」

3月26日号

ハマ弁を中学校「給食」に

横浜市

ハマ弁を中学校「給食」に 教育

3月末までに原案策定

3月26日号

待望の「北西線(ほくせいせん)」 22日開通

横浜市・首都高共同事業

待望の「北西線(ほくせいせん)」 22日開通 社会

3月21日号

港北区でも影響広がる

新型コロナ

港北区でも影響広がる 社会

クラファンで打開策も

3月19日号

新横浜駅前「ラステル新横浜」

家族葬プラン 24時間ご安置・ご面会ができます 56万円税別~

http://lastel.jp/shinyokohama/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク