港北区版 掲載号:2020年2月20日号 エリアトップへ

大曽根在住花澤さん 街に元気と活気を 自店でナイトフリマ

社会

掲載号:2020年2月20日号

  • LINE
  • hatena
笑顔で客をもてなす花澤店長(右端)
笑顔で客をもてなす花澤店長(右端)

 大曽根商店街の一角、「カフェ&ギャラリーLegare」で2月8日、ナイトフリーマーケット「勝手に大曽根商店街夜市」が開催された。花澤卓宏店長が、地域活性化のために数年前からアイデアを温めていたもので、「もっと多くの人を巻き込み、地元を盛り上げたい」と今後への抱負を語った。

 花澤さんが同地に店を構えたのは7年前。当時は商店街で毎月”朝市”が行われていたが、「いまひとつ盛り上がりに欠け、若い人の参加も少ないと感じた」といい、イベントも数年前に終了した。一方で地元住民からは、「昔の街は、溢れんばかりの人で車が通れないほどだった」と何度も聞いたという。そこで「何とか街の活気を取り戻したい」とイベントを企画。朝市は正午までだったが、「若者は夜の方が来やすいのでは」と”夜市”を思いついた。

 今回のフリーマーケットには、アクセサリーや洋服を手掛ける知人たちが出展。花澤さんは、自店の料理やお酒を提供し、飲食をしながら会話や買い物を楽しめる空間をデザインした。出展者として都内から参加した青山正隆さんは、花澤さんとは15年来の友人。「イベントを知り力になれればと思って来た。雰囲気も良くて楽しいね」と笑顔を見せた。

 当日は20人ほどが来場。花澤さんは、「みんなが楽しそうに過ごせたのが一番の収穫」とほっとした表情で振り返った。一方で5月に開催予定の次回に向けては「参加者は、店の常連さんや知人の紹介が中心だった。出展者側も含めて、もっと地元の人たちがたくさん参加してくれるようにしていきたい」と口にした。「若い人も多く、銭湯もあったりとこの街の雰囲気が大好き。もっと地域に元気や活気を届けたい」と更なる活動への意欲を見せた。

港北区版のトップニュース最新6

菊名駅東口の未来考える

菊名駅東口の未来考える 社会

地元団体がアンケート

9月23日号

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月23日号

区内中学生が躍動

水泳大会

区内中学生が躍動 スポーツ

全国&関東で優勝

9月16日号

子育てをICTで応援

区内の任意団体

子育てをICTで応援 社会

産前産後をサポート

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

浜なし「豊水」で県知事賞

新吉田東・豊田さん

浜なし「豊水」で県知事賞 経済

持寄品評会でW受賞

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook