港北区版 掲載号:2020年2月20日号 エリアトップへ

大曽根在住花澤さん 街に元気と活気を 自店でナイトフリマ

社会

掲載号:2020年2月20日号

  • LINE
  • hatena
笑顔で客をもてなす花澤店長(右端)
笑顔で客をもてなす花澤店長(右端)

 大曽根商店街の一角、「カフェ&ギャラリーLegare」で2月8日、ナイトフリーマーケット「勝手に大曽根商店街夜市」が開催された。花澤卓宏店長が、地域活性化のために数年前からアイデアを温めていたもので、「もっと多くの人を巻き込み、地元を盛り上げたい」と今後への抱負を語った。

 花澤さんが同地に店を構えたのは7年前。当時は商店街で毎月”朝市”が行われていたが、「いまひとつ盛り上がりに欠け、若い人の参加も少ないと感じた」といい、イベントも数年前に終了した。一方で地元住民からは、「昔の街は、溢れんばかりの人で車が通れないほどだった」と何度も聞いたという。そこで「何とか街の活気を取り戻したい」とイベントを企画。朝市は正午までだったが、「若者は夜の方が来やすいのでは」と”夜市”を思いついた。

 今回のフリーマーケットには、アクセサリーや洋服を手掛ける知人たちが出展。花澤さんは、自店の料理やお酒を提供し、飲食をしながら会話や買い物を楽しめる空間をデザインした。出展者として都内から参加した青山正隆さんは、花澤さんとは15年来の友人。「イベントを知り力になれればと思って来た。雰囲気も良くて楽しいね」と笑顔を見せた。

 当日は20人ほどが来場。花澤さんは、「みんなが楽しそうに過ごせたのが一番の収穫」とほっとした表情で振り返った。一方で5月に開催予定の次回に向けては「参加者は、店の常連さんや知人の紹介が中心だった。出展者側も含めて、もっと地元の人たちがたくさん参加してくれるようにしていきたい」と口にした。「若い人も多く、銭湯もあったりとこの街の雰囲気が大好き。もっと地域に元気や活気を届けたい」と更なる活動への意欲を見せた。

深夜スタッフ大募集中

高時給!初めてでも地元で仕事を始めるにはピッタリ!

https://crewrecruiting.mcdonalds.co.jp/map/14036

<PR>

港北区版のトップニュース最新6

4月の開校、目前

箕輪小

4月の開校、目前 社会

市教委「地域の支えに感謝」

3月26日号

ハマ弁を中学校「給食」に

横浜市

ハマ弁を中学校「給食」に 教育

3月末までに原案策定

3月26日号

待望の「北西線(ほくせいせん)」 22日開通

横浜市・首都高共同事業

待望の「北西線(ほくせいせん)」 22日開通 社会

3月21日号

99歳、今も現役画家

高田東荒井 茂雄さん

99歳、今も現役画家 文化

3冊目の作品集を上梓

3月19日号

港北区でも影響広がる

新型コロナ

港北区でも影響広がる 社会

クラファンで打開策も

3月19日号

2区1カ所に拡充へ

認知症疾患医療センター

2区1カ所に拡充へ 社会

当初予算案に盛り込む

3月12日号

人気の手織り絨毯「ギャベ展」

ルームズ大正堂新横浜店 2月14日・15日・16日 3日間限定!

https://www.rooms-taishodo.co.jp/sale/gabbeh.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク