港北区版 掲載号:2020年4月23日号 エリアトップへ

(PR)

知っておきたい基礎知識【白内障手術のホントのところ】 横浜駅西口すぐ「横浜クリニック」 その見づらさ、白内障かも! 北里大学医学部眼科 専任講師 飯田嘉彦医師

掲載号:2020年4月23日号

  • LINE
  • hatena

 白内障は、目の中でレンズの役割をする水晶体が濁り見づらさが生じる疾患。「主な原因は加齢とされ、ほぼ全ての方が加齢とともに白内障の影響を受けることになります。症状は視力低下だけでなく、まぶしさやかすむ感じ、眼鏡を変えてもすぐに合わなくなるなど様々な症状があり日常生活に支障をきたします」と飯田医師は語る。

 白内障手術は国内では年間150万件以上行われており、以前のように水晶体の濁りを取り除くことだけが目的でなく、近視や乱視などの屈折異常や老眼を治すこともできる、視機能回復の手術のひとつと位置付けられている。

 短時間で比較的安全な手術であるため、簡単な手術と理解されていることが多いが、実際に「手術して良かった」と満足できる結果を得るためには、手術を受けるタイミングの見極めや手術後の見え方、何ができて何ができないのかといった認識が、患者さんと医師の間で共有できているかどうかが重要なポイントになる。

 「当クリニックの眼科では、患者さんにとって安心、快適そして満足のいく治療法を選択できるように日々取り組んでいます。白内障に関して何かご質問などがありましたら、いつでもお声掛けください」

神奈川歯科大学附属横浜クリニック

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-31-6

TEL:045-313-0007

http://www.hama.kdu.ac.jp

港北区版のピックアップ(PR)最新6

「今、必要な施術」を追求

日吉本町

「今、必要な施術」を追求

接骨院まこと 武田誠院長

7月22日号

「自身の家族に勧められる治療を」

インプラント

「自身の家族に勧められる治療を」

かず歯科医院、鈴木院長に聞く

7月22日号

夏場の害虫に要注意

プロの技

夏場の害虫に要注意

消毒や剪定は今のうちに

7月15日号

「楽器お売りください」

「楽器お売りください」

オールジャンルの楽器買取専門店

7月15日号

妙蓮寺で心癒されて

歴史スポット

妙蓮寺で心癒されて

都会の喧騒忘れるひと時

7月15日号

フォトコンテスト開催

神奈川県公園協会

フォトコンテスト開催

カメラとスマホの2部門

7月15日号

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter