港北区版 掲載号:2020年5月28日号 エリアトップへ

4月1日付で横浜みなとみらいホールの新館長に就任した 新井 鷗子さん 東京都在住 57歳

掲載号:2020年5月28日号

  • LINE
  • hatena

公共ホールの「みらい」探る

 ○…新型コロナウイルスの影響で公演の中止・延期が相次ぐ中での就任。辛い船出となったが「非常事態の時に、どういう形で公共ホールが機能するか。新しいコンサートホールのあり方を考えるきっかけになる」と捉える。まずは改修に伴う来年からの長期休館を見据え「移動型みなとみらいホール」を提唱。最先端技術を活用し、ホールを疑似体験できる取り組みだ。「音楽をどう見せるか、発信するかがこれからの公共施設にも問われる」と語る。

 ○…本職はコンサート構成作家。出演者から曲順まで、公演の中身を一から作り上げる。3年に一度の「横浜音祭り」には2013年の第1回からディレクターとして関わる。横浜18区を巡って感じたのが、アマチュアの音楽活動の盛り上がり。「市民たちの活動を発表する場をたくさん作ろう」と第2回から「街に広がる音プロジェクト」と題し、市民によるストリートライブを展開。ホールへの集客にもつなげた。

 ○…テレビの音楽番組の構成にも多数携わる。中でも『題名のない音楽会』は20年近く担当。「テレビは2分半でチャンネルを変えられてしまう。解説の入れ方や映像の見せ方を工夫しました」。週に一度コンサート丸々1個分の番組企画を立てた経験が、分かりやすい音楽の見せ方を追求する下地になった。

 ○…戸籍上の本名は「おーこ」。画家の父とピアニストの母は芸術に関わりのある「鷗」の字を使いたかったが、当時は人名用漢字になく、ひらがなに。ちなみに「鷗」の訓読みはカモメ。「ホールのパイプオルガンにカモメが描かれていたり、横浜市歌の作者が森鷗外だったり。カモメに呼んでもらったのかなと勝手に思っています」とほほえんだ。
 

港北区版の人物風土記最新6

榎本 哲也さん

港北区PTA連絡協議会副会長で、オンラインイベントの企画の中心を担った

榎本 哲也さん

新吉田東在住 39歳

11月11日号

阿部 忠男さん

区内子育て支援施設を中心に、バルーンアート制作のボランティアを行う

阿部 忠男さん

新横浜在住 66歳

11月4日号

辻村 功さん

東急東横線の変遷についての講座を行う鉄道車両専門家の

辻村 功さん

日吉在住 65歳

10月28日号

齋藤 香坡さん

横浜文化賞を受賞した書家

齋藤 香坡さん

綱島東在住 84歳

10月21日号

古澤 拓也さん

WOWOW/パラ神奈川SCに所属し、東京パラリンピック車いすバスケ男子で銀メダルを獲得した

古澤 拓也さん

港北区在住 25歳

10月14日号

古川原 琢さん

アグリテックグランプリ2021で三井化学賞を受賞した

古川原 琢さん

中原区在住 40歳

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook