港北区版 掲載号:2020年5月28日号 エリアトップへ

高田町市民団体 町に彩りと元気を ひまわり約500本を植苗

社会

掲載号:2020年5月28日号

  • LINE
  • hatena
苗植えを行った古田会長(右端)ら
苗植えを行った古田会長(右端)ら

 市民団体「高田の丘美化活動推進連絡会」(古田邦夫会長)はこのほど、高田町内の花壇に約500本のひまわりを植苗した。古田会長は「散歩などで訪れる人も多いエリア。景観を守るとともに、彩りと元気を地域に届けられれば」と活動への想いを口にする。

 発足から18年を迎える同会。古田会長を中心に、ハマロードサポーターも務める神谷文男さん、関口正徳さん、蛯沢ミサ子さんの地元有志4人で活動を行ってきた。町内の畑の法面を活用した花壇づくりを行い、現在ではその数は10に達する。今回苗植えを行ったのは、関口さんの管理する「松山花壇」。ひまわりの植苗の始まりは昨年。横浜市緑の協会から種の提供を受け植えたところ、住民や近隣の老人ホームの利用者らから好評を博したという。今年は、育てた花から得た種をもとに、昨年を上回る約500本の苗を植え付けた。「人だけでなく鳥からも人気で、インコに種を食べられてしまいそうで焦ったよ」と関口さんは苦笑しながら話す。

キレイな町に

 同会では、花壇整備と並行して、街の清掃にも力を入れてきた。「一つでもゴミがあると捨てやすくなってしまう。逆にゴミがなくキレイな花があると、ゴミを捨てにくい空間になると思う」と古田会長。散歩ルートとして利用されることも多いエリアだけに、「季節の花々を見ながら気持ちよく町を歩いてもらえるように。今後も活動を継続していきたい」と言葉に力を込める。

 今回植えられたひまわりは、7月末ごろに見頃を迎える予定という。今年は、毎春恒例の港北オープンガーデンが、新型コロナウイルスの影響で中止になったこともあり、「その分も夏に楽しんでもらえれば。一面に花が咲いた花壇を見られる日が待ち遠しい」とメンバーは笑顔を見せた。

港北区版のトップニュース最新6

新会長に篠原町の川島さん

港北区連合町内会

新会長に篠原町の川島さん 社会

新吉田東、関さんが副会長

7月2日号

今年はオンライン開催

ふれあいまつり

今年はオンライン開催 社会

団体・部活の発表の場も

7月2日号

どう変わる?学校生活

市立小中

どう変わる?学校生活 教育

7月に給食・部活再開

6月25日号

オンラインで運動指導

慶應大学院と港北区

オンラインで運動指導 教育

小学生対象に週1回

6月25日号

SNSで地域活性化を

港北区

SNSで地域活性化を 社会

民間とアプリ運用連携

6月18日号

児童虐待、潜在化を危惧

横浜市

児童虐待、潜在化を危惧 社会

休校などで相談数「微減」

6月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク