港北区版 掲載号:2020年6月11日号 エリアトップへ

こどもの本総選挙 『銭天堂』が4位 横浜市出身・廣嶋さん著書

教育

掲載号:2020年6月11日号

  • LINE
  • hatena
著書を手に笑顔を見せる廣嶋さん
著書を手に笑顔を見せる廣嶋さん

 横浜市出身の廣嶋玲子さん(39)著書の『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』(偕成社)が、このほど発表された「第2回小学生がえらぶ!”こどもの本”総選挙」のランキングで第4位に入選した。子どもだけでなく大人も夢中になる児童書として今人気を集めている。

 こどもの本総選挙は、全国の小学生が「今まで読んだなかで1番すきな本」を投票する企画で、今回は約25万人が投票。トップ5を事典や絵本が占める中、小学生向けの読み物としては唯一のランクインとなった。前回選挙の9位から順位を上げての受賞となり、廣嶋さんは「4位と聞いてすごくびっくりしましたが、本当に嬉しいです」と声を弾ませた。

 同シリーズは13年から執筆を開始し、現在13巻まで刊行中。近日公開予定の「東映まんがまつり2020」で初のアニメ映画化も決定している。

大人ファンも急増

 『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』は、幸運な人だけがたどりつける、駄菓子屋「銭天堂」を舞台にした物語。女主人・紅子(べにこ)は、その人の悩みにぴったりあった不思議な駄菓子を売るが、使い方を間違えると思わぬ副作用も。「幸運になるか不幸になるかはその人次第」という少し毒っ気のある物語に魅了され、子どもや孫と一緒に読む大人のファンも増えているという。「銭天堂を読んで苦手だった本が好きになったと言ってもらえるのも嬉しいですね」と廣嶋さん。同書公式HPでは2話無料で公開している。

 廣嶋さんは元町幼稚園、磯子小、岡村中、横浜立野高、横浜市大国際文化学部出身。2006年に『水妖の森』で第4回ジュニア冒険小説大賞を受賞し作家デビュー。作品に『十年屋』シリーズや『鬼遊び』シリーズ、新作『おっちょこ魔女先生 保健室は魔法がいっぱい!』等がある。

港北区版のトップニュース最新6

日常再開へ、また一歩

区内公共施設

日常再開へ、また一歩 社会

進む利用制限緩和

7月9日号

防災拠点の3密対策 強化

横浜市

防災拠点の3密対策 強化 社会

「分散避難」呼びかけも

7月9日号

新会長に篠原町の川島さん

港北区連合町内会

新会長に篠原町の川島さん 社会

新吉田東、関さんが副会長

7月2日号

今年はオンライン開催

ふれあいまつり

今年はオンライン開催 社会

団体・部活の発表の場も

7月2日号

どう変わる?学校生活

市立小中

どう変わる?学校生活 教育

7月に給食・部活再開

6月25日号

オンラインで運動指導

慶應大学院と港北区

オンラインで運動指導 教育

小学生対象に週1回

6月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク