港北区版 掲載号:2020年8月20日号 エリアトップへ

高田産ホップ 過去最高の出来栄えに 「大きさ、香り、量ともに」

社会

掲載号:2020年8月20日号

  • LINE
  • hatena
大きく育ったホップ
大きく育ったホップ

 2015年から港北区高田でビールの原料となるホップを生産し、横浜産ホップを使った初の地ビールづくりに協力している高田の古川原農園(古川原琢園主)。4日に収穫が行われたが、今年はホップづくりの技術書を参考にしたことで、更に生育状況が向上。古川原さんは「過去最高の出来栄え」と手応えを口にしている。

 今年は技術書に則り、つる性植物であるホップの棚の高さをこれまでより1m高くするなど工夫。「香り成分の黄色い粉(ルプリン)も多い」と話す。昨年から古川原さんとともに育成に携わる芹田果樹園の芹田賢治さんも「香りが強くなった」と満足げ。収穫量は昨年の6kgから11kg超に向上した。当日は、ビール製造を担う(株)横浜ビールの担当者らも収穫を手伝った。横浜ビールの商品を扱う樽町のビアバー「スロースハウス」の店主、濱口祥治・和香子さん夫妻も収穫に参加し「秋にはこのホップで作ったビールを店で提供予定」と顔をほころばせていた。古川原さんは「今後、さらに技術を高めたい。また来年は地域の子どもの収穫体験も行いたい」と意欲的だ。

収穫したホップ手にする古川原さん(左)と芹田さん
収穫したホップ手にする古川原さん(左)と芹田さん

港北区版のトップニュース最新6

今年は現地とオンライン

港北オープンガーデン

今年は現地とオンライン 社会

密集防止策講じ開催予定

1月21日号

コロナ禍に区内で増加

シェアオフィス

コロナ禍に区内で増加 経済

個室型が好評

1月21日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月14日号

グランプリ目指して

ミス日本コンテスト

グランプリ目指して 社会

綱島在住 小林優希さん

1月14日号

「コロナに負けない港北へ」

「コロナに負けない港北へ」 政治

栗田区長 区政を語る

1月7日号

確定申告会場 3密課題に

確定申告会場 3密課題に 社会

税務署、オンラインを推奨

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク