港北区版 掲載号:2020年9月3日号 エリアトップへ

新羽町三橋さん 不作乗越え最優秀賞 果樹持寄品評会

社会

掲載号:2020年9月3日号

  • LINE
  • hatena
自慢の「浜なし」を抱える三橋さん
自慢の「浜なし」を抱える三橋さん

 横浜農業協同組合主催の夏季果樹持寄品評会がこのほど開催され、新羽町の三橋憲一郎さんが出品した「幸水」が昨年に続き横浜市長賞(最優秀賞)を受賞した。今年は例年にない悪天候に見舞われたが、三橋さんは「家族の助けがあり何とか良いものがつくれた。皆で取った賞と思っている」と喜びを語る。

 品評会にはナシ36点、ブドウ24点の計60点が出品され、それぞれ形、色、玉の大きさ、糖度などの審査がなされた。ナシは1箱10玉が1セットで、三橋さんは幸水を2点出品し、市長賞のほか2賞を受賞した。「少ない収穫量から大きさや形が揃った品を選定するのが大変だった」

降雪、長梅雨でも奮闘

 「今年は春先の雪や長梅雨、猛暑など異例尽くしの天候に苦戦した」と三橋さん。積雪により園内のパイプや棚が破損したり、雪が掛かった花がしぼみ、実が膨らまないなどの被害を受けた。追い打ちをかけるように、今夏は梅雨が長期化。果肉が変色し商品化できなくなる「みつ症」が多く発生した。収穫量は例年17〜18トンほどだが、今年は幸水が例年に比べ1・5割減、豊水は6割減ほどと予想する。

 経験したことの無い不作に落ち込む日もあったが、妻や息子たち、両親、従業員の支えに救われた。「息子たちは勉強の合間に作業を手伝ってくれ、家族やパートさんも炎天下の中仕事し、励ましてくれた。自分だけがやらないわけには」と回想。コロナ禍で講習会などもできない中、生産者仲間たちとSNSアプリのLINEを使い情報交換。お互いの畑や葉の状態を共有し、助け合いながら生産に励んだ。

老木更新、新品種取り入れ

 今後は樹齢30年以上になる老木28本の更新に注力していく。全ての木を一度に植え替えることはできないため、作業完了には8年近くかかるという。新たに植える品種は、幸水、豊水、新高を掛け合わせた「あきづき」。「幸水に似た味で酸味が少なく、形がきれい。みつ症になりづらい利点もある」と太鼓判を押す。「毎年幸水を楽しみにしてくれているお客様も多いので、それに近い味のものにしたかった」とも語る。

 収穫したナシは三橋さんの運営する果樹園「三橋園」で朝9時から直売している。購入者から「皮を剥くと果汁がぼたぼた垂れてくる」と言われるほどジューシーという。例年は9月初旬まで販売を行っているが、今年は収穫量が少なく早めに終わる場合がある。

 港北区ではその他、豊田勝美さんが幸水で良好賞を受賞した。

港北区版のトップニュース最新6

今年は現地とオンライン

港北オープンガーデン

今年は現地とオンライン 社会

密集防止策講じ開催予定

1月21日号

コロナ禍に区内で増加

シェアオフィス

コロナ禍に区内で増加 経済

個室型が好評

1月21日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月14日号

グランプリ目指して

ミス日本コンテスト

グランプリ目指して 社会

綱島在住 小林優希さん

1月14日号

「コロナに負けない港北へ」

「コロナに負けない港北へ」 政治

栗田区長 区政を語る

1月7日号

確定申告会場 3密課題に

確定申告会場 3密課題に 社会

税務署、オンラインを推奨

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク