港北区版 掲載号:2020年9月10日号 エリアトップへ

港北区 水害への備えに 避難行動冊子を作成

社会

掲載号:2020年9月10日号

  • LINE
  • hatena
冊子を手にする区総務課の職員ら
冊子を手にする区総務課の職員ら

 今年も港北区内での被害が不安視される大型台風。その備えに活用してもらおうと区では、水害時の避難行動等をまとめたオリジナルの冊子を作成した。正しい防災情報の発信に加え、区民の防災意識向上が期待される。

昨年の台風被害受け

 冊子の作成を担当したのは区総務課。発端は昨年の大型台風15、19号だ。区内でも倒木などの被害が相次ぎ、19号では約1800人が避難したという。一方でその4割は危険区域外の安全なエリアからの避難となり、また、当日は避難場所を尋ねる電話が鳴りやまないほど。「在住地域の災害リスクや適切な避難行動の認知が不十分」と、避難行動の指針となるよう冊子の作成を決めた。

自分自身の避難行動を

 「これまでも様々な災害情報を発信していたが、それらの情報をどう活用するかというところが課題だった」と、冊子では、ハザードマップの活用方法や避難情報の収集方法、避難行動の流れなど実践的な内容を紹介している。なかでも一番のポイントは「マイタイムライン作成シート」。自宅のある地域の災害リスクや避難場所を書き込み、警戒レベルごとの避難行動を一目で確認できる。また、避難時に注意すべきポイントもチェックリストになっており、各項目を埋めることで、自分だけの避難行動のガイドラインとなる。「住んでいる場所や家族構成などにより、適切な避難行動はひとり一人異なります。災害時に正しい行動をとれるように役立てていただければありがたい」と、冊子づくりを担当した区総務課庶務係の福元成美さんは話す。

 過去の災害発生時には「避難場所」と「避難所(地域防災拠点)」を混同しているケースも散見されたという。前者は「災害から一時的に避難する場所」で、「自宅に住めなくなった場合に避難生活をする場所」が後者。そうした機能や役割の違いも冊子内で分かりやすく解説している。また、現在避難所には緑色の看板が設けられているが、新たに避難場所へ橙色の看板設置を進めている(令和3年度末設置完了予定)。新たな看板では開設の有無や、避難可能な降雨条件を確認できるという。

 同課の竹下幸紀課長は「特に水害は、事前の避難準備で被害を小さく抑えることができる。もしもの時ではなく、日頃から自分の暮らす地域の災害リスクと向き合い、自身の防災について考えるきっかけにしてほしい」と呼びかけた。

 冊子は区役所で配布されているほか、区のHPからダウンロードすることもできる。今後は地区センター等への配架も行っていく予定だ。

港北区版のトップニュース最新6

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月14日号

グランプリ目指して

ミス日本コンテスト

グランプリ目指して 社会

綱島在住 小林優希さん

1月14日号

「コロナに負けない港北へ」

「コロナに負けない港北へ」 政治

栗田区長 区政を語る

1月7日号

確定申告会場 3密課題に

確定申告会場 3密課題に 社会

税務署、オンラインを推奨

1月7日号

区内3,224人が門出

成人式

区内3,224人が門出 社会

密避け、2会場で分散開催

1月1日号

「コロナ対策、最優先に」

林市長インタビュー

「コロナ対策、最優先に」 政治

IR誘致は継続へ

1月1日号

行政書士浅川事務所

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク