港北区版 掲載号:2020年9月17日号 エリアトップへ

産後うつ オンライン相談で軽減検証 市と民間が区内でモデル事業

社会

掲載号:2020年9月17日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は民間企業と連携し、オンラインで医師に相談することで産後うつリスク軽減効果を図るモデル事業を、港北区内で9月1日から開始した。結果を今後の施策につなげることで、社会課題の解決を目指す。

 今回の事業は、2019年に区内で実施したモデル事業が母親の不安軽減に一定の効果が確認できたため、民間企業の資金を入れ(SIBモデル事業)、規模を発展させ行うもの。対象は、妊娠期から特に不安が強くなりやすい産後4カ月までの間の女性。目的は、オンラインで気軽に専門の医師に相談できることで、利用者の産後うつリスクの軽減効果を検証するというもの。対象者に無料提供されるのは(株)Kids Public提供の遠隔健康医療相談サービス「産婦人科オンライン」「小児科オンライン」で、診療行為は行わず、一般的な医学的情報の提供、受診勧奨、相談を受けられる。区役所に母子健康手帳を受け取りにきた区民のうち、希望する先着720人に登録してもらい、22年1月まで事業を実施し効果を検証する。

 無料で平日午後6時〜同10時の産婦人科医、小児科医によるオンライン健康医療相談と、産後の週2日の助産師相談(日中のみ)が利用できるAグループ、オンライン相談の無料提供は行われないが、産前産後の専用WEBサイト情報が閲覧できるBグループの比較を行う。アンケート回答でギフト券の付与もある。産婦人科オンライン代表の産婦人科医、重見大介さんによれば、前回は、産前では陣痛がどの段階で病院に行くべきかなど、出産後は、新生児についてや、母親自身の精神的な不安の相談などが多かったという。

 市は、この取組みを今後の施策に生かせればとしている。

港北区版のトップニュース最新6

県と連携し禁煙対策

ココカラファイン

県と連携し禁煙対策 社会

認定企業第1号に

9月24日号

音楽で地域に元気を

綱島在住中間さん

音楽で地域に元気を 社会

鶴見川で”青空ライブ”

9月24日号

オンライン相談で軽減検証

産後うつ

オンライン相談で軽減検証 社会

市と民間が区内でモデル事業

9月17日号

町内会のICT支援へ

横浜市

町内会のICT支援へ 社会

コロナ対策で予算計上

9月17日号

水害への備えに

港北区

水害への備えに 社会

避難行動冊子を作成

9月10日号

コロナ禍で申込み7倍超

生活困窮者自立支援制度

コロナ禍で申込み7倍超 社会

家賃給付要件緩和も一因

9月10日号

めぐみ保育園 常勤保育士募集!

自分が働きたい保育園を探すのは楽じゃない、という人集まれ!

https://megumi.hazawa.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク