港北区版 掲載号:2020年10月8日号 エリアトップへ

小雨の中、稲刈り決行 新横浜公園で

文化

掲載号:2020年10月8日号

  • LINE
  • hatena
小雨の降る中、手際よく、稲を刈り、束ねていく
小雨の降る中、手際よく、稲を刈り、束ねていく

 米作りや自然観察を通し、自然を学ぶ場を提供している鶴見川舟運復活プロジェクト(長谷川武明会長)では、9月25日、恒例の稲刈りを新横浜公園で実施した。共催は新横浜町内会。

 コロナ禍の影響で小学生の参加募集をやめ、今年は会員のみでの稲刈りとなった。

 当日は、約30人が参加し、用意したフェイスシールドをまず装着。非接触型体温計で体温チェックも行い、小雨の中、立派に実った稲を手際よく刈っていた。農家でもある会員の大谷佐一さんによれば「今年の出来はまずまず」。今後は、乾燥、脱穀作業を経て、同プロジェクト会合で「赤飯」などで提供される予定。

フェイスシールドを装着し、検温も徹底して活動を行う参加者
フェイスシールドを装着し、検温も徹底して活動を行う参加者

七五三のご祈祷承り中

師岡熊野神社は「横浜の祈願所 関東随一大霊験所」。詳細はHPを。

http://www.kumanojinja.or.jp/

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6

息子騙る詐欺を防止

息子騙る詐欺を防止 社会

信金職員に感謝状

10月22日号

秋の行事盛りだくさん

10/25から11/1

秋の行事盛りだくさん 文化

芸術祭、ハロウィンも

10月22日号

健康に過ごす秘訣伝授

介護予防講演会

健康に過ごす秘訣伝授 社会

現役医師らが登壇

10月22日号

ホーム開幕戦は黒星

横浜GRITS

ホーム開幕戦は黒星 スポーツ

善戦及ばず

10月22日号

日頃の意識が命を救う

ピンクリボン月間

日頃の意識が命を救う 社会

久保内院長に聞く

10月22日号

自転車盗が多発

【Web限定記事】

自転車盗が多発 社会

2重ロックで防止を

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク