港北区版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

港北区商連 GoTo企画スタート 14日から、約1300店舗で

社会

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena
チラシを手に企画をPRする酒井会長
チラシを手に企画をPRする酒井会長

 港北区商店街連合会(酒井誠会長)は11月14日から、区内の商店街に触れ、楽しむ企画「こうほくの商店街 ちょいより散歩」をスタートさせる。GoTo商店街事業に採択された同企画に参加するのは区内11商店街・約1300店舗。新型コロナ対策として密を避ける主旨から一定期間を設定したほか、買い物客の参加型としたことなどが特徴だ。

 区商連ではこれまで、この時期には加盟する参加店舗を巡りゴールを目指す「ちょいつまみウォーク」を開催してきたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、人の密集を避けられないとして今年は中止にした。

 その代替として練ってきたのが今企画。10月末には国が進めるGoTo商店街事業への採択も決まった。

 区内11の商店街、1300に及ぶ店舗が共同開催する企画の柱は、【1】ハッシュタグキャンペーン【2】デジタルスタンプラリー――の2つで、いずれも抽選で地元産品がもらえる内容。

 14日からスタートする【1】では区商連の公式アカウントをフォローし、Twitterで「♯こうほくちょいより散歩」を

つけて投稿する。

 デジタルスタンプラリーは21日から。買い物をしながら商店街を巡り、11個のスタンプを集め抽選会に応募する。11商店街すべてのスタンプを集めると賞品はさらに豪華になる。スマートフォン限定。期間は【1】【2】ともに12月6日まで。

 賞品の詳細は未定だが、想定しているのはスポーツチームのユニホームや菓子、酒類、農産物など。区内の店舗等で扱う商品を予定している。

 区商連では企画の広報にも力を入れる。800本のフラッグを11商店街に掲示するほか、地域紙でも情報を発信する。また、現在オンラインで開催中「ふるさと港北ふれあいまつり」のコアデイ(14日)には生中継でイベントをPRする予定。

 酒井会長は「コロナ禍で顔を合わせられない店主も多い中、区の一体感を出したかった。普段、商店街でお買い物をする延長でイベントに参加できるので、ぜひマスク着用の上、各店へ」と呼びかけている。

 イベントの公式サイトはhttp://kohoku-choiyorisanpo.com、または左のQRコードから。問い合わせは事務局【電話】045・307・3864へ。

12月5日・6日現地土地販売

新羽町建築条件付売地 2100万円 参考プラン(建物価格2280円)あり

http://www.kashiwakura.info/

<PR>

港北区版のトップニュース最新6

スポーツで地域貢献

横浜F・マリノス

スポーツで地域貢献 スポーツ

一般社団法人を設立

12月3日号

保育士確保に紹介冊子

港北・神奈川の14園

保育士確保に紹介冊子 社会

学生向けに1千部発行

12月3日号

コロナ禍でも「つながり」を

新横浜民児協

コロナ禍でも「つながり」を 社会

大きな輪求めラジオ体操

11月26日号

県大会2連覇、関東へ

県大会2連覇、関東へ スポーツ

大綱中女子陸上部

11月26日号

港北の歴史、一冊に凝縮

港北の歴史、一冊に凝縮 文化

『わがまち港北3』刊行

11月19日号

体育授業に新たな風

簡易テニス”テニピン”

体育授業に新たな風 教育

小学校教諭が研究会

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク