港北区版 掲載号:2020年11月26日号 エリアトップへ

新横浜民児協 コロナ禍でも「つながり」を 大きな輪求めラジオ体操

社会

掲載号:2020年11月26日号

  • LINE
  • hatena
11月のラジオ体操への参加者=協議会提供
11月のラジオ体操への参加者=協議会提供

 新横浜地区民生委員児童委員協議会(新福まさ子会長)は、コロナ禍で従前の取組みが中止になる中、それでも地域のつながりをつくろうと活動を模索してきた。今月からは屋外で密を避けたラジオ体操を実施し、新福会長は「地域の大きな輪に」と期待する。

 同協議会は昨年12月、大豆戸地区民生委員児童委員協議会から独立するかたちで新たに設立された組織。地域住民の見守りや支援を行うことで地域福祉を推進する目的のもと、人口が増えたエリアで、マンションの多い地区の実情に沿った活動をしようと発足した。

 だが、コロナ禍によって、高齢者を対象とした運動やコミュニケーションの場である月1回のサロンの中止を余儀なくされた。サロンは7月には再開したが、参加数は落ち込んでいるという。そこで「『密を避け誰でも参加できる取組みを』と皆で考えた」(新福会長)のが毎月1日のラジオ体操。マンションや街の掲示板等で広報し、第1回の11月には12人程が参加した。新福会長は「地域の元気、活性化につなげたい」と話す。

 ラジオ体操は毎月1日(元日除く)、新横浜公園・三角橋花壇近くで9時30分から10分程度。マスク着用、飲み物持参。雨天中止。問い合わせは、高橋さん【電話】045・477・3421へ。

港北区版のトップニュース最新6

今年は現地とオンライン

港北オープンガーデン

今年は現地とオンライン 社会

密集防止策講じ開催予定

1月21日号

コロナ禍に区内で増加

シェアオフィス

コロナ禍に区内で増加 経済

個室型が好評

1月21日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月14日号

グランプリ目指して

ミス日本コンテスト

グランプリ目指して 社会

綱島在住 小林優希さん

1月14日号

「コロナに負けない港北へ」

「コロナに負けない港北へ」 政治

栗田区長 区政を語る

1月7日号

確定申告会場 3密課題に

確定申告会場 3密課題に 社会

税務署、オンラインを推奨

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク