港北区版 掲載号:2020年12月24日号 エリアトップへ

救急医療 ドクターカーの導入進む 高齢化で需要増加

社会

掲載号:2020年12月24日号

  • LINE
  • hatena
ドクターカー(提供:横浜市消防局)
ドクターカー(提供:横浜市消防局)

 119番通報を受け、救急現場に医師や看護師を派遣する「ドクターカー」の配備が横浜市内で進んでいる。3年前に導入した横浜医療センター=戸塚区=や市民総合医療センター=南区=、済生会横浜市東部病院=鶴見区=に続き今年10月から横浜市立市民病院併設の救急ワークステーション=神奈川区=で試行運用が始まった。

 ドクターカーとは、救急現場などで医師による現場での処置が必要と判断された場合に消防からの要請で出場する緊急自動車。脳卒中や心筋梗塞などの重症内科疾患、交通事故などの重傷外傷、心肺停止を含む現場での早期治療介入が必要な場合に、救急車と同時か、その後に医師、看護師らを派遣。救急現場で、医師が救命救急士ではできない医療処置を行うことで救急患者の病状を安定化させ、重症化の防止を図る。また、症状に応じた最適な医療機関へとつなげる役割もはたす。

 導入の背景は、高齢化による高齢者を中心とした救急需要の増加だ。特に高齢者は複数・慢性疾患を抱えている人が多い。救命救急士ではなく、医師が搬送先を判断することで、高度急性期医療機関に搬送していた患者を急性期医療機関に運ぶことができる。これにより高度急性期医療機関への搬送の集中が避けられる。

「たらい回し」減少へ

 3年前から病院独自に導入している横浜医療センターは戸塚区、栄区、泉区を中心に運用。同病院の担当者は「救急患者の『たらい回し』がなくなりスムーズに適切な医療機関への搬送が可能になった」と有用性を説明する。

 2カ月で89件の出場があった救急ワークステーションでは現在、神奈川区周辺を中心に1台で試行運用を行っている。今後は、出場範囲の拡大が課題となる。救急現場が遠方の場合、出場に時間がかかることが考えられるためだ。横浜市医療局の担当者は「台数を増やしたほうがいいのか、また別の方法があるのかなど、この試行運用でシステム全体の検証をしていきたい」としている。

妙蓮寺

家族葬から社葬まで。緑に包まれた静かな境内には、3つの斎場を備えております。

http://myorenji.jp

<PR>

港北区版のトップニュース最新6

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

5月7日号

広報誌、刊行25周年

港北区スポ進

広報誌、刊行25周年 社会

区民の運動と健康支える

5月7日号

ワクチン接種、準備進む

港北区

ワクチン接種、準備進む 社会

シミュレーション実施

4月29日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月29日号

太陽光発電設置へ

市内小中65校

太陽光発電設置へ 社会

非常用に蓄電池配備

4月22日号

感染対策、ICT活用に重点

2021年度港北区予算

感染対策、ICT活用に重点 社会

自主事業に1億1911万円

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter