港北区版 掲載号:2021年1月7日号 エリアトップへ

(PR)

特別インタビュー 日舞の魅力、世界に発信 創作舞踊団正藤流・家元 正藤勘扇さん

掲載号:2021年1月7日号

  • LINE
  • hatena

 区内から海外まで幅広い舞台で活動する創作舞踊団『正藤流』(家元・正藤勘扇さん/新吉田町)。民謡民舞全国大会で数回の経済産業大臣賞を受賞し、海外公演など多岐にわたる活動を行ってきた同団。未曽有の感染症に世界が揺れた昨年を乗り越え、新たな一年に向けた意気込みを取材した。

 同団は10代から40代の15人が在籍し、日々稽古に打ち込んでいる。港北公会堂での公演や区内の行事など、地元で精力的な活動をしてきたほか、世界各国の舞台にも出演。勘扇さんによると「特に海外の人たちは日本の踊りを欲しがる」といい、これまでアメリカのラスベガスやロサンゼルス、ハワイ、中国、ベトナムなどに赴いた。少しでも多くの人に日本舞踊の魅力を伝えることを大切に、「呼んで頂いたら積極的に行く」と団員の正藤竜之助さん。ハワイには同団のファンクラブもあり、コロナ禍以前は例年出張公演を行っていたという。「若い層が多いから、アクティブにやろう!というのも(正藤の)強み」。古典を基礎としながらも独創的な創作舞踊が持ち味の同団。常に新しいことに挑戦する姿勢を貫く。

コロナ禍でも常に挑戦

 昨年は新型コロナの影響で、毎月50公演ほどあった出演依頼が全く無い状況になったこともあった。稽古にも集まれない状況が続く中、空いた時間を生かそうとそれぞれで手づくりマスクを制作した。勘扇さんはじめ団員たちと協力して作ったマスク200枚を集めて昨年、鳥山町の社会福祉法人横浜市リハビリテーション事業団に寄贈した。地域貢献活動も積極的に取り組む。

 韓国での出演を予定していた「日韓交流おまつり2020in Seoul」は、コロナの影響でオンライン開催となった。「踊りは生が一番」と臨場感ある舞台を届けてきた同団だが、「動画ならではの舞台にしよう」と演出方法を模索。新たな試みとして、踊りの前後に芝居のシーンを取り入れた「物語性のある舞踊」を作り上げた。公演は動画配信サイトYouTubeで生配信され、現在もアーカイブを見ることができる(同サイトで「日韓交流おまつり2020in Seoul」で検索、動画の1時間50分頃から出演)。

 稽古場近くの居酒屋「遊楽正藤」にはステージがあり、お酒と踊りが楽しめる。現在はコロナの影響で定期公演も休止中だが「踊りはやはり生で見てもらいたい。難しい時期だが、公演が再開したら、ぜひ見に来てほしい」と竜之助さんは語った。

日韓交流おまつり2020のポスター
日韓交流おまつり2020のポスター

正藤産業株式会社

神奈川県横浜市港北区新吉田町3158

TEL:045-592-7126

港北区版のピックアップ(PR)最新6

「黄金大仏」が開眼されました

川崎霊園を見守る大仏像が”お色直し”

「黄金大仏」が開眼されました

金箔5万枚の輝き 拝観無料

1月14日号

鎌田實氏が講演

鎌田實氏が講演

横浜市老人クラブ連合会

1月14日号

日曜の急患歯科診療、実施中

日曜の急患歯科診療、実施中

 次回は1月24日 小机歯科医院

1月14日号

腰痛・坐骨神経痛の悩みに

腰痛・坐骨神経痛の悩みに

”中心軸”が原因かも

1月7日号

「地域に愛され、頼られる医院に」

「地域に愛され、頼られる医院に」

インプラント、矯正の無料相談も

1月7日号

電話一本ですぐ回収

地元横浜で37年の老舗

電話一本ですぐ回収

不用品回収の大興資源

1月7日号

行政書士浅川事務所

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク