港北区版 掲載号:2021年2月11日号 エリアトップへ

【Web限定記事】横浜北部のキニナル?アート美術館 恩田町の時計台 〜青葉区編〜

文化

掲載号:2021年2月11日号

  • LINE
  • hatena
通りから見える、手作りの時計台
通りから見える、手作りの時計台

タウンニュース記者は日々、各地域の様々な場所を回っている。

外出中、時には少し変わったモノ・アートに出会うことも──

各地区の記者が各々の視点で調査した「地元の気になるモノ・アート」を4週にわたって紹介する。第二弾は、青葉区から届いたアート、恩田駅そばの民家に建つ時計台について。

 

 住人の鈴木征子さん(83)によると、これは2000年に恩田駅が開業したのをきっかけに、夫の故・光明さんが庭に手作りしたもの。駅ができ、家の前を通行人が腕時計を見ながら走っていく様子を見た光明さんが「みんなに見てもらえたら」と北海道の時計台を真似て制作したという。

 

 ものづくりが趣味だった光明さんは生前、絵画に額縁、家具、石の灯籠や木彫りの置物、孫の木製おもちゃまでさまざまなものを手作りしていた。「何でも作ってくれましたね」と征子さんは振り返る。

 

 時計台は木製で20年間屋外にあるため、老朽化で傷み、太陽光で動く2つの時計のうち1つは故障中だが、今も正しい時間を示すよう息子が修理していると話す。過去には「倒れたら危ないから」と撤去も考えたが、「寂しいから壊さないで」との声もあり現状を維持。通行人からは「急いでいるとき助かる」「子どもと外にいる際、帰る時間が分かっていい」などの声も。

 

 1月で光明さんが亡くなって5年。今も近隣住民の頼れる時計台として時を刻み続けている。

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6

火の用心呼びかけ

港北消防署

火の用心呼びかけ 社会

3月1日から火災予防運動

2月25日号

ウクレレ往診で心つなぐ

小机の小児医院

ウクレレ往診で心つなぐ 社会

障がい児医療に音楽活用

2月25日号

ひっとプラン港北、素案公表

ひっとプラン港北、素案公表 社会

3月31日まで、意見募集

2月25日号

案内役は児童

案内役は児童 教育

師岡小6年が写真展

2月25日号

教室が鶴見川や森に

教室が鶴見川や森に 教育

金港幼稚園で作品展

2月25日号

現職2人が立候補に向け準備

現職2人が立候補に向け準備 政治

衆院選・神奈川7区

2月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク