港北区版 掲載号:2021年2月18日号 エリアトップへ

【Web限定記事】98人の児童ら創意工夫 教室が鶴見川や森に変身、金港幼稚園で作品展 学びの集大成を発揮

教育

掲載号:2021年2月18日号

  • LINE
  • hatena
鶴見川をモチーフにした立体作品
鶴見川をモチーフにした立体作品

 金港幼稚園(芝崎恵子園長)は2月11日、恒例の作品展を実施し、同園98人の児童らやその保護者が参加した。

 同園の作品展は、教室内をテーマごとに装飾し、実際に創作物の中に入ったり、乗って遊んだりできるのが特徴。テーマ設定は年長の役目で、今年は「自然と生きもの」に決定した。3週間ほど前から構想をはじめ、2日間ほどで装飾したという。

 年少の教室は「砂漠」の世界観を表現し、教室の中央にはラクダが鎮座。年中の教室は「森」や「お花畑」がモチーフで、段ボールなどの廃材で作った大樹や花々が植えられていた。芝崎園長によると、子どもたちお手製のスワンボートはハンドル付きで精巧に作られ、大人気だったという。

 年長の教室は「ジャングル」や「川」が表現されていた。川の中央には実際に渡ることができる橋が架けられていた。芝崎園長は「大人たちはジャングルのような川をつくるのではと想像していたが、子どもたちが作ったのは鶴見川。身近にある川が彼らにとっての『川』なのだと郷土愛を感じました」とほほ笑む。

 作品展は例年、保護者をはじめ地域の人も自由に入場できたが、今年は感染症対策のため地域住民の入場を中止した。保護者の入場も時間帯を制限したという。芝崎園長は「子どもたちの1年の学びの集大成を、記事を通してみていただけたら」と語った。

 同園は現在、作品展の様子を動画にし、サイト内(金港幼稚園 で検索/http://www.kinkou-kg.ed.jp/)で公開している。

右の札には「きんこうつるみがわ」の文字が書かれている
右の札には「きんこうつるみがわ」の文字が書かれている
大人の背丈より高い木がある「森」
大人の背丈より高い木がある「森」

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6

火の用心呼びかけ

港北消防署

火の用心呼びかけ 社会

3月1日から火災予防運動

2月25日号

ウクレレ往診で心つなぐ

小机の小児医院

ウクレレ往診で心つなぐ 社会

障がい児医療に音楽活用

2月25日号

ひっとプラン港北、素案公表

ひっとプラン港北、素案公表 社会

3月31日まで、意見募集

2月25日号

案内役は児童

案内役は児童 教育

師岡小6年が写真展

2月25日号

教室が鶴見川や森に

教室が鶴見川や森に 教育

金港幼稚園で作品展

2月25日号

現職2人が立候補に向け準備

現職2人が立候補に向け準備 政治

衆院選・神奈川7区

2月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク