港北区版 掲載号:2021年3月4日号 エリアトップへ

大倉山歓成院 リニューアルへ地鎮祭 設計者は隈研吾さん

社会

掲載号:2021年3月4日号

  • LINE
  • hatena
摩尼住職(前列中央左)と隈研吾さん(同中央右)ら
摩尼住職(前列中央左)と隈研吾さん(同中央右)ら

 高野山真言宗歓成院(摩尼秀法住職/大倉山)は2月24日、客殿庫裡の建替え等の「大倉山歓成院プロジェクト」に向けて地鎮祭(土公供)を行った。

 12年に一度の本尊の御開帳に合わせ昨年末に着工。築120年を超す本堂の耐震工事や築約50年の客殿庫裡の建替え、庭園・境内整備が行われる。

 事業の設計を担うのが、新国立競技場の設計などで名高い建築家の隈研吾氏だ。実は、隈氏は大倉山出身。「建築は地に根差すもの。その地を熟知している人にお願いしたい」と摩尼住職がラブコールを送ったという。世界各地でのプロジェクトで多忙を極めていた隈氏だが「歓成院の庭園はまさに幼少期の遊び場。そんな地元での仕事なので」と二つ返事で引き受け始動した。

 新たな客殿庫裡は、山に向かい緩やかに傾斜する大倉山の地形を意識したデザインや和紙と木桟を合わせた柔らかい内装となる(2022年4月竣工予定)。摩尼住職は「地元出身という縁がつないでくれたプロジェクト。地域の憩いの場になれば」と話す。
 

港北区版のローカルニュース最新6

花や木の魅力、マップで紹介

花や木の魅力、マップで紹介 社会

区内施設などで配布中

4月22日号

「命と医療守り、経済を再生」

「命と医療守り、経済を再生」 社会

林市長インタビュー

4月22日号

藤村氏が出馬表明

横浜市長選

藤村氏が出馬表明 政治

IR誘致の市政批判

4月22日号

篠原ケアプラで講座

篠原ケアプラで講座 社会

スマホ、コーヒーがテーマ

4月22日号

おわら節を優雅に演舞

おわら節を優雅に演舞 文化

シニアの祭典に出演

4月22日号

80歳以上 23日通知開始

80歳以上 23日通知開始 社会

市、ワクチン接種予定公表

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter