港北区版 掲載号:2021年3月25日号 エリアトップへ

区医師会 医療と地域の連携で防災 オンライン講座開催

社会

掲載号:2021年3月25日号

  • LINE
  • hatena
リモートで講演する鈴木会長
リモートで講演する鈴木会長

 港北区医師会(鈴木悦朗会長)は3月13日、「港北区民のための災害対策講座」を開催した。共催は神奈川県医師会・港北区歯科医師会・港北区薬剤師会、後援は港北区役所。また、講座はコロナ禍のためオンラインで配信。約100人の区民が参加した。

 テーマは「港北区の地域防災と災害医療を考える」。元小学校校長で・防・災教育を推進している防災士の鷲山龍太郎氏が講演した。鷲山氏は、阪神淡路大震災での災害医療の実態や現在区内の小学校等で行っている地域防災への取組み、さらに首都直下型地震など、近い将来の災害リスクについて解説。災害時の4つの重要事項として、自助(家庭・個人)・共助(自治会等)・公助連携(学校・自治体・国)・災害医療(災害医療始動)を紹介した。

 講演後は、鷲山氏と鈴木会長に、北綱島小学校地域防災拠点運営委員会副会長の垣中祐二氏、港北区福祉保健センター長の北川寛直氏の4人をパネリストに、ぞれぞれの立場からパネルディスカッションを行った。

 「災害が起こった際に、慌てることなく区民を守るために医療と行政、地域の連携は不可欠」と鈴木会長。今後は医師会と地域防災拠点の合同での防災訓練の開催などで対策強化に努める方針を示した。
 

港北区版のローカルニュース最新6

地域に新たな名産を

地域に新たな名産を 社会

「ひよしれもん」お披露目

9月16日号

女性起業家を紹介

女性起業家を紹介 経済

市が専用サイト開設

9月16日号

初の「空き家条例」施行

横浜市

初の「空き家条例」施行 社会

罰則なし 効果に疑問も

9月16日号

音楽の灯、絶やさぬよう

音楽の灯、絶やさぬよう 文化

日吉でクラシックライブ

9月16日号

選手の写真を展示中

東京パラリンピック

選手の写真を展示中 文化

ラポール・宮地さんが撮影

9月16日号

南国果物を販売

南国果物を販売 社会

横浜市庁舎で9月16・27日

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook