港北区版 掲載号:2021年4月1日号 エリアトップへ

大綱中合唱部 関東舞台に県中学一位 アンサンブルコンテスト

教育

掲載号:2021年4月1日号

  • LINE
  • hatena
過去最高の成績に笑顔を見せる、大綱中学校合唱部の部員ら
過去最高の成績に笑顔を見せる、大綱中学校合唱部の部員ら

 横浜市立大綱中学校合唱部は、3月初旬に審査が行われた第10回「関東ヴォーカルアンサンブルコンテスト」(主催/全日本合唱連盟関東支部・朝日新聞社)で銀賞を受賞し、県内中学校第一位の成績に輝いた。同合唱部が関東大会に進出したのは30年ぶり。

 同部は昨年初めて、合唱部の新人戦とも言われる「かながわヴォーカルアンサンブルコンテスト」に参加し、県内2位の成績を残したが、関東大会出場に一歩及ばなかった。2回目となる同コンテスト挑戦は、緊急事態宣言下のため動画審査に。外部会場を借りて演奏動画を撮影し、初の関東大会出場を勝ち取った。顧問の西川翔教諭は「今年は神奈川県が関東大会の会場だったため、上位5位までが関東大会に行けたのが幸運だった。ギリギリで通過することができました」。

 関東大会は当初、3月7日に茅ケ崎市民文化会館で実施予定だったが、緊急事態宣言が延長となり、急遽音源審査に変更された。提出まで10日間という短い期間でさらに演奏に磨きをかけ、再度外部会場を借りて録音し、審査に臨んだという。

 「最初に録画した動画から、音源だけ再度提出してもよかったが、部員らからは撮りなおしたいという声が多かった」と西川教諭。部長を務める花輪みのりさん(2年)は、「映像はなく、音だけの審査になるので、更に前回より強弱をもっとつけるよう表現した」と話し、副部長の赤地華宝さん(2年)も「マスクをつけたままの合唱なので、表現がしっかり伝わることを一番に心掛けた」。そんな努力が実り、関東大会では県大会で同合唱部より上位だった学校を上回り、県内の中学校では、トップの成績を収めた。

「次はリアル大会で」

 関東大会の審査発表は、ホームページ上で行われた。「審査当日の夕方に発表予定だったため、家に帰って何度もサイトにアクセスしました」と花輪さん。「いつも上位の学校と同じ大会に出られたこと、また練習時間も少ないなか、頑張って結果が出て、とても嬉しかった。この状況が続いても、短時間でも集中して練習することを心がけたい」と顔をほころばせた。赤地さんも「(知っている限り)30年ぶりに上の大会に自分たちの代で行けたことが、本当に嬉しかった。今後は基礎練習を補っていければ」と声を揃えた。西川教諭は、「この年度はコロナ禍で強豪校も十分な練習が難しかった。動画や音源の審査だったので、次はリアルな大会でも結果を残すのが目標」と語った。
 

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.mochiyasu.com/

<PR>

港北区版のトップニュース最新6

丹精込めた花々の祭典

港北オープンガーデン

丹精込めた花々の祭典 社会

12日から 114会場で

4月8日号

地域の絆で響いた音色

小机小マーチングバンド

地域の絆で響いた音色 教育

日産スタジアムで卒団式

4月8日号

市が補助制度拡充

感震ブレーカー

市が補助制度拡充 社会

対象地域、新たに6区

4月8日号

関東舞台に県中学一位

大綱中合唱部

関東舞台に県中学一位 教育

アンサンブルコンテスト

4月1日号

「防災マンション」を認定

横浜市

「防災マンション」を認定 社会

設備・活動の両面で評価

4月1日号

コロナ禍の芸術家を支援

横浜市

コロナ禍の芸術家を支援 文化

活動経費などに助成金

3月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter