港北区版 掲載号:2021年6月3日号 エリアトップへ

綱島消防出張所 地域一体の緑化活動 住民と職員が団結

社会

掲載号:2021年6月3日号

  • LINE
  • hatena
住民と一緒に作業に励む職員ら
住民と一緒に作業に励む職員ら

 地域の緑化を目指す「フローラルつなしま」(中森伸明委員長)は5月22日、綱島消防出張所で緑化活動を行った。当日は地域住民に加え、同出張所職員も参加。伊藤健太出張所長は「景観の向上はもちろん、地域とのつながりも深まった」と振り返る。今後は、夏に植栽を行い秋頃に開花予定。来年度の港北オープンガーデンへも参加する方針だ。

 同団体は、横浜市からの助成を受け地域の緑化を推進する「つなつなプロジェクト」を実施しており、今回の活動もその一環。

 これまでは、敷地内に多くの雑草が茂っていた同出張所。花と緑の植栽による美化を目指し、同日は第一歩として雑草の除去や防草シートの敷設、土の掘り起こしなどを行った。当初は「作業は住民だけでやる」とプロジェクトのメンバーも想定していたというが、伊藤出張所長が共同作業を打診。「せっかくの機会なので我々もできることを。また、災害時の避難活動など、地域との顔の見える関係性づくりは消防の業務にも不可欠」と話す。中森委員長も「地域のことを考えて一緒にやってくれるのはありがたいこと」と笑顔を見せた。

 当日は、同所職員やフローラルつなしまのメンバーのほか、家庭防災員、よこはま緑の推進団体港北区連絡会から約30人が参加。家庭防災員綱島地区の有賀宏子委員長は「一気にやろうと呼びかけたらみんな集まってくれた。花できれいになれば、ゴミのポイ捨てなども減るのでは」と精力的に作業を行った。

 今後は9月頃に本格的に植栽を行う予定。救助隊を連想させるオレンジ色の「ハマカンゾウ」や、秋に開花予定の横浜開港150周年記念に作られた「ハマミライ」が植えられるという。来年度の港北オープンガーデンにも参加する方針で、「花で地域に元気を与えられれば」と中森委員長。また、同所の掲示版を花で飾った写真撮影スポットも設置予定で、伊藤出張所長は「出張所を身近に感じてもらい、消防広報・防災啓発につなげていきたい」と期待を口にした。

港北区版のトップニュース最新6

活気、つながりを創出

港北区運営方針

活気、つながりを創出 政治

「コロナ情報発信、丁寧に」

6月10日号

ワクチン接種の送迎支援

菊名コミバス

ワクチン接種の送迎支援 社会

おでかけ便、臨時運行

6月10日号

地域一体の緑化活動

綱島消防出張所

地域一体の緑化活動 社会

住民と職員が団結

6月3日号

地域拠点をリニューアル

菊名みんなのひろば

地域拠点をリニューアル 社会

より開放的な施設に

6月3日号

地元産ハチミツ作り継承

大倉山地域団体

地元産ハチミツ作り継承 コミュニティ経済

養蜂家の指導受け販売へ

5月27日号

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter