港北区版 掲載号:2021年6月17日号 エリアトップへ

市内スポーツチーム6団体 携帯電話回収箱を設置 障害者就労支援にも

社会

掲載号:2021年6月17日号

  • LINE
  • hatena
使用しなくなった携帯電話を試合会場に設置された回収箱に入れるファン
使用しなくなった携帯電話を試合会場に設置された回収箱に入れるファン

 横浜市内に拠点を構えるスポーツチームが使用済みの携帯電話のリサイクル事業を始めた。プロジェクトは社会課題解決へ向け官民が協働で取り組む横浜市の制度「共創フロント」を通じ、「リネットジャパンリサイクル(株)」(名古屋市)から提案を始動。活動に参加する横浜F・マリノス、横浜FC、YSCC横浜、ニッパツ横浜FCシーガルズ、日体大FIELDS横浜、YSCC横浜フットサルの6チームは主催試合の会場に専用の回収箱を設置しサポーター・ファンの協力を呼びかける。

 各チームの限定ステッカーと引き換えにサポーター・ファンから寄せられた使用済み携帯電話は、市内の障害者就労支援施設に持ち込まれ分解などの処理を行う。障害者の就労支援にもつながり、事業で得た収益の一部は知的障害のある人のスポーツ活動を推進する「スペシャルオリンピックス日本」の活動費用の一部に充てられる。

 携帯電話などの小型家電はレアメタル(希少金属)が含まれているが、分別されずに燃やすごみとして排出されることがある。ごみの収集・リサイクル過程でリチウムイオン電池を含む電子機器の発火トラブルが多発。日本容器包装リサイクル協会によると昨年度、285件の発煙・発火トラブルが発生している。

 市内の行政機関にも小型家電回収箱が設置されているが、今回のプロジェクトは資源循環と障害者就労支援という2つの社会課題を改善する新たな取り組みとなる。

港北区版のローカルニュース最新6

地域に新たな名産を

地域に新たな名産を 社会

「ひよしれもん」お披露目

9月16日号

女性起業家を紹介

女性起業家を紹介 経済

市が専用サイト開設

9月16日号

初の「空き家条例」施行

横浜市

初の「空き家条例」施行 社会

罰則なし 効果に疑問も

9月16日号

音楽の灯、絶やさぬよう

音楽の灯、絶やさぬよう 文化

日吉でクラシックライブ

9月16日号

選手の写真を展示中

東京パラリンピック

選手の写真を展示中 文化

ラポール・宮地さんが撮影

9月16日号

南国果物を販売

南国果物を販売 社会

横浜市庁舎で9月16・27日

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook