港北区版 掲載号:2021年6月24日号 エリアトップへ

赤十字血液センター 献血バス、配車減続く  コロナ禍影響で

社会

掲載号:2021年6月24日号

  • LINE
  • hatena

 大豆戸町にある神奈川県赤十字血液センターによると、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、昨年に引き続き献血バスの配車中止が相次ぎ、配車先が減っているという。

 在宅勤務や遠隔授業の推進により、協力企業・団体が不足しているといい、6月は182会場のうち、50会場が中止に(6月16日時点)。昨年度は年間で2204会場のうち、630会場が中止になっており、特に企業や大学等での中止が多いという。

 献血バスを配車する同センターによると、土日に献血ルームに来る人の増加等で「必要な量は何とか確保できている」とするが、献血バスは県内の献血量の3分の1を担っていることから「平日に街頭でバスを見かけたらご協力をお願いします」と呼びかけている。

27日にトレッサで

 6月27日(日)には、トレッサ横浜前に献血バスを配車予定。県園芸協会の協力で、献血者にヒマワリの生花をプレゼントする取り組みが行われ、トレッサ横浜前の会場では40本を用意。なくなり次第終了。

 県園芸協会は毎年母の日に合わせて献血者のためにカーネーションを寄贈しているが、コロナ禍で生花の需要低迷を受け、現在年間を通じて季節の生花を寄贈し献血を応援しているという。

 (問)同センター【電話】045・834・4612

港北区版のローカルニュース最新6

児童がクラブを動かす?

横浜FM

児童がクラブを動かす? 社会

城郷小で出前授業

7月22日号

倒産件数、上半期は大幅減

倒産件数、上半期は大幅減 経済

特別融資、支援金が下支え

7月22日号

フェイスシールド寄贈

国際ロータリー第2590地区

フェイスシールド寄贈 社会

横浜・川崎の医師会に

7月22日号

今年もオンラインで開催

慶大と港北区

今年もオンラインで開催 社会

ラジオ体操 8月2日から

7月22日号

ブラジルの自然を満喫

ブラジルの自然を満喫 文化

8月28日、オンラインツアー

7月22日号

「働く女性」活躍を推進

検証・林市政の12年〈下〉

「働く女性」活躍を推進 政治

管理職割合目標は未達

7月22日号

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter