港北区版 掲載号:2021年7月8日号 エリアトップへ

横浜港北RC 寄贈に力点おいた一年 こども食堂、病院などに

コミュニティ社会

掲載号:2021年7月8日号

  • LINE
  • hatena
情報発信にも取り組んだ猪俣前会長
情報発信にも取り組んだ猪俣前会長

 今年度60周年を迎える横浜港北ロータリークラブでは、この一年、新型コロナウイルス感染症という未曾有の問題に直面しながら、奉仕活動を行ってきた。前年度を振り返って、猪俣夫前会長は「毎月の例会の開催も、密を避けながら、一部オンライン参加なども行ってきたが、やはりいつもと同程度の参加までには至らなかった」と話す。例年実施していた地域清掃など、地元の住民と触れ合うイベントが見送りとなる中、様々な団体への寄贈を中心に奉仕活動を継続したという。横浜労災病院へのフェイスシールド・防護服の寄贈に始まり、港北区医師会にはウイルス検査キットを寄贈した。「どちらも必要性が高いものだったので非常に喜んで頂けたのが嬉しかった」

 また区内保育園・幼稚園に、職員が使用する交通安全反射板付きベストを250枚寄贈。こども食堂活動を行う「大倉山ミエル」には、同RCが所属する国際ロータリー第2590地区の共通の取組みとして10万円を寄贈した。昨年リニューアルしたホームページで情報発信も強化し「次年度も引き続き、ニーズを的確に捉えて奉仕を行いたい」と話していた。

港北区版のローカルニュース最新6

実は深いドイツとの繋がり

「来年は集まって」

「来年は集まって」 社会

ふれあいまつり閉幕

11月25日号

美しい緑溢れる

緑区

美しい緑溢れる 文化

11月25日号

自然豊かな長寿のまち

青葉区

自然豊かな長寿のまち 社会

11月25日号

港北区内の郵便局が花苗、植栽

【Web限定記事】

港北区内の郵便局が花苗、植栽 文化

ハマロード・サポーターの活動で

11月25日号

地震・風水害・火災から身を守る〜減災行動展に多くの人出

【Web限定記事】

地震・風水害・火災から身を守る〜減災行動展に多くの人出 社会

主催者「意識の高さ感じた」

11月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook