港北区版 掲載号:2021年8月5日号 エリアトップへ

地域の思い、折り鶴に込め 城郷地区約30カ所に展示

コミュニティ社会

掲載号:2021年8月5日号

  • LINE
  • hatena
展示された折り鶴を示す、(左上写真から時計回りに)城南信用金庫小机支店前で平佐支店長、小机商店街協同組合事務所前で同協同組合事務員、城郷小机地域ケアプラザ前で武隈評吾所長(右)と田中さん
展示された折り鶴を示す、(左上写真から時計回りに)城南信用金庫小机支店前で平佐支店長、小机商店街協同組合事務所前で同協同組合事務員、城郷小机地域ケアプラザ前で武隈評吾所長(右)と田中さん

 街の人たちの思いが込められた2万羽を超える折り鶴を周辺の各会場に飾ることで、地域の一体感を強めようとする城郷地区を中心とした企画「城郷Ole(オーレ)プロジェクト」が進められ、7月20日からは約30カ所の会場で展示が始まった。

2万3000羽舞う

 企画の主旨に賛同した同地区周辺の住民や団体員、企業に勤める従業員らが手がけ、城郷小机地域ケアプラザに集められた折り鶴は当初2万700羽。さらに、その後の寄付も加わり、最終的には約2万3000羽にまで増えた。この折り鶴20〜30羽1組を紐でつるしたものが、現在、各会場の設置場所の規模などに応じて振り分けられている。会場は城郷小机地域ケアプラザのほか、城郷小机地区センター、小机駅、小机商店街協同組合の事務所と加盟店舗等のうち約20カ所、城南信用金庫小机支店、ホンダカーズ川崎・港北店、横浜鳥山北郵便局、ホンダカーズ神奈川東・岸根公園店。

 企画の中心となったのは、同地域ケアプラザ地域交流コーディネーターの田中咲子さん。無事に展示を終え、「地域の多くの方に助けていただいて、どの会場にも綺麗に飾ることができた」と充実した表情で語る。展示作業中には、通りがかりの子どもから、「僕も鶴を折ったんだよ」などと声をかけられ、思わぬ交流にもつながった。

「街の一体感示せる」

 企画を共催する小机商店街協同組合の宮本正義理事長は「各会場の展示数は少なくても、街の一体感を示せる企画では」と評価する。また、21人の職員全員で鶴を折ったという城南信用金庫小机支店の平佐勝之支店長は「コロナを乗り越え、これからも地域の一員として活動したい」と願いを込めた。

 田中さんは「同じ折り鶴でも、よく見るといろいろなものがある。これが地域のかたちで、つながるということなんだな」と地域に”巣立った鶴”を見つめていた。

 展示は8月20日までを予定している。

港北区版のローカルニュース最新6

地域に新たな名産を

地域に新たな名産を 社会

「ひよしれもん」お披露目

9月16日号

女性起業家を紹介

女性起業家を紹介 経済

市が専用サイト開設

9月16日号

初の「空き家条例」施行

横浜市

初の「空き家条例」施行 社会

罰則なし 効果に疑問も

9月16日号

音楽の灯、絶やさぬよう

音楽の灯、絶やさぬよう 文化

日吉でクラシックライブ

9月16日号

選手の写真を展示中

東京パラリンピック

選手の写真を展示中 文化

ラポール・宮地さんが撮影

9月16日号

南国果物を販売

南国果物を販売 社会

横浜市庁舎で9月16・27日

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook