港北区版 掲載号:2021年9月23日号 エリアトップへ

10月末から開催予定の「第37回大倉山秋の芸術祭」実行委員会代表を務める 立花 篤彦さん 神奈川区在住 63歳

掲載号:2021年9月23日号

  • LINE
  • hatena

いつも隣には音楽が

 ○…芸術祭には約10年前から、トランペット奏者として自身もステージに出演してきた。ここ数年は、イベント全体を盛り上げようと実行委員会のメンバーとしても活動。代表として臨む今年は「コロナもあるので安全第一だが、多くの人に足を運んでもらい、大成功で終われるように」と来月の幕開けに向け準備に熱が入る。

 ○…出身は神戸。友人の兄の演奏姿に憧れ、中学の吹奏楽部でトランペットにのめり込んだ。高校では市民オーケストラに所属し、音楽大学への進学を機に神奈川県へ。在学中には、「最も尊敬し影響を受けた」というフランス人奏者の演奏を生で聴き感動したという。卒業後は、音楽家として各地へ。思い出深いのは、1988年の東京ドームの竣工式で記念のファンファーレを吹いたこと。「巨人軍の選手より先にロッカールームに入ったよ」と微笑む。

 ○…現在は、首都圏を中心に後進育成のための教室や小学校での指導も行っている。指導用の教材や楽譜、音源づくりに勤しむ日々が続くが「音楽は、仕事であり趣味であり息抜きだから」と疲れ知らずの笑顔を見せる。今回の芸術祭にも教室の生徒たちと出演。発表前はいつも緊張するが、得られる達成感は何事にも代えがたい。また「打ち上げもライブの醍醐味。音楽を愛する仲間と一緒に演奏した後が一番いいお酒が飲める。コロナが収束したら、早くまた飲みに行きたいね」と白い歯をこぼす。

 ○…秋の風物詩となった芸術祭は今年で37回目。コロナ禍も乗り越え続けてきた。自身もジャズとオカリナを披露するほか、様々な催しが目白押し。「36年間のバトンをしっかりとつなげるように。目で見て耳で聞いて、たくさんの人たちに楽しんでもらいたい」

港北区版の人物風土記最新6

齋藤 香坡さん

横浜文化賞を受賞した書家

齋藤 香坡さん

綱島東在住 84歳

10月21日号

古澤 拓也さん

WOWOW/パラ神奈川SCに所属し、東京パラリンピック車いすバスケ男子で銀メダルを獲得した

古澤 拓也さん

港北区在住 25歳

10月14日号

古川原 琢さん

アグリテックグランプリ2021で三井化学賞を受賞した

古川原 琢さん

中原区在住 40歳

10月7日号

立花 篤彦さん

10月末から開催予定の「第37回大倉山秋の芸術祭」実行委員会代表を務める

立花 篤彦さん

神奈川区在住 63歳

9月23日号

宮地 秀行さん

東京パラリンピック会場で撮影した写真を横浜ラポールで展示している

宮地 秀行さん

港北区在勤 54歳

9月16日号

臼井 早苗さん

城郷小机地区センターで活動する日舞ひまわり会の会長を務める

臼井 早苗さん

小机町在住 

9月9日号

七五三のご祈祷承り中

師岡熊野神社は「横浜の祈願所 関東随一大霊験所」。詳細はHPを。

http://www.kumanojinja.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歩く健康づくりを応援

【Web限定記事】よこはまウォーキングポイント

歩く健康づくりを応援

港北区・ミズキータオルプレゼント

10月1日~11月30日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook