港北区版 掲載号:2021年9月23日号 エリアトップへ

菊の懸崖(けんがい)、作り続けて 90歳の現役農家、横溝さん

文化

掲載号:2021年9月23日号

  • LINE
  • hatena
懸崖について説明する横溝さん。懸崖菊は10月末ごろから花を咲かせる
懸崖について説明する横溝さん。懸崖菊は10月末ごろから花を咲かせる

 可愛らしい花々が流れるように前へせり出した、長さ2m40cmほどもある見事な菊の懸崖。日々、繊細な手入れが必要な懸崖を、趣味で作り続けているのが、横溝孝治さん(90)だ。

 カブや小松菜を中心に出荷する農家で、現在は息子の政司さんが家業の中心を担っているが、今も現役で畑に立ち、農作業を続ける。その合間に、大切に世話しているのが菊の懸崖だ。菊の栽培は60年以上にもなり、現在はコロナ禍で昨年から展示の機会がなくなっているが、例年は師岡熊野神社と杉山神社の菊花展で飾られてきた。七五三の時期で着物を来て写真を撮っていく人もいたといい、「見て喜んでもらえるのが嬉しくて。それを目標に続けてきた。菊を通じた仲間もできる」と語る。

 樽町でかつて盛んだったカブ作りは16歳の頃から続ける。「おいかぶ」という栽培法で出荷するのは樽町で1軒のみとなったが、今も雑草一つないきれいな畑を保ち「畑に草を出したらおしまい」と、真剣な眼差しを向ける。一方、菊の懸崖は、どのくらい成長するかを見越して作った枠の網目に、花芽を一つずつ結え、誘導させていくという。花が均等に咲くように行う摘心など、その作業は1年がかり。スケジュール管理のための記録も欠かせない。

 健康の秘訣を聞くと「胃が弱いので消化に良いものを食べている」と語るが、お酒も好きだ。年賀状はパソコンで宛名書きし、正月に親族で集まった際は魚を捌いて刺身にして振る舞う。4年前に他界した妻にプレゼントしたミシンで、ほつれた服の裁縫も。

 「私は頭は悪いけど」と謙遜しつつ、「何でもやるのが好きなんです」と、今日も畑に立つ。

横溝さんが育てた懸崖=写真は過去に撮影(提供)
横溝さんが育てた懸崖=写真は過去に撮影(提供)

港北区版のローカルニュース最新6

実は深いドイツとの繋がり

「来年は集まって」

「来年は集まって」 社会

ふれあいまつり閉幕

11月25日号

美しい緑溢れる

緑区

美しい緑溢れる 文化

11月25日号

自然豊かな長寿のまち

青葉区

自然豊かな長寿のまち 社会

11月25日号

港北区内の郵便局が花苗、植栽

【Web限定記事】

港北区内の郵便局が花苗、植栽 文化

ハマロード・サポーターの活動で

11月25日号

地震・風水害・火災から身を守る〜減災行動展に多くの人出

【Web限定記事】

地震・風水害・火災から身を守る〜減災行動展に多くの人出 社会

主催者「意識の高さ感じた」

11月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook