港北区版 掲載号:2021年10月14日号 エリアトップへ

特殊詐欺 「私は大丈夫」が命取り 港北署管内、被害増

社会

掲載号:2021年10月14日号

  • LINE
  • hatena
詐欺被害への注意と備えを呼びかける白戸課長
詐欺被害への注意と備えを呼びかける白戸課長

 港北警察署管内で今年9月末時点で発生した特殊詐欺は45件、被害総額は約9800万円。現状や対策、備えについて、同署生活安全課の白戸尚樹課長に話を聞いた。

 同署管内では昨年1年間で35件、総額約5860万円の被害が出ており、今年は現時点で件数・被害額ともに昨年を上回っている。状況種別ではキャッシュカード盗(14件)、オレオレ詐欺(12件)が半数以上を占める。神奈川県全体では減少傾向(364件減)にあるなかでの現状に「詐欺被害に遭わないための備えを」と警笛を鳴らす。

 一番の対策が「電話に出ないこと」。迷惑電話防止機能付電話は、発信者に通話の録音の警告メッセージが流れ、その間は着信音が鳴らず電話に出ずに迷惑電話を撃退できる。「相手は犯罪のプロ。巧みな話術に騙されないために、そもそも話さないのが一番」と設置を推奨する。

 電話に出てしまった時は、必ず身元を確認すること。金融機関や公的機関を名乗られても鵜呑みにせず、所属や氏名、またナンバーディスプレイで発信元の番号をチェックすることが重要だ。「警察や金融機関が、キャッシュカードや暗証番号について言及することは絶対にありません。これらの言葉が出たら詐欺です」。また、資産状況やタンス預金の額などを答えると、強盗事件に発展し身体に危険が及ぶ恐れもあるので注意が必要だ。「私は大丈夫という油断が命取りです。今一度、身の回りの詐欺対策を見直して」

地域一丸で詐欺撲滅

 同署では区内137のコンビニに架空請求詐欺への注意喚起のポスターを配布し、店員の声かけなどに活用している。実際に今年コンビニや金融機関での詐欺被害の阻止は21件を記録。「通話しながらのATM操作や電子マネーでの高額決済など、疑わしい時は、勇気をもって声掛けを」と話す。また「怪しい電話の情報は、犯人逮捕への手助けにもなります。もし遭遇した際は速やかに110番を。詐欺は他人事ではなく、身近な危険と認識し、地域一丸で撲滅を目指しましょう」

ゴルザール カーペット

ペルシャ絨毯&ギャッベ 新入荷、冬のバーゲン 30~60%オフ

https://rarea.events/event/99983

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6

信用保証書を電子化

【Web限定記事】

信用保証書を電子化 経済

県内3協会と信金が連携

1月27日号

「小さな生きものを観察しよう」

【Web限定記事】鶴見川流域センター

「小さな生きものを観察しよう」 文化

Zoomで生中継

1月27日号

30周年に意気込み

横浜F・マリノス

30周年に意気込み スポーツ

新体制発表

1月27日号

川和、池辺の富士を歩く

川和、池辺の富士を歩く 社会

2月19日、ガイドツアー

1月27日号

日吉の本だな、運用始まる

日吉の本だな、運用始まる 社会

19日に開所式

1月27日号

通学路の工事を見学

下田小6年生

通学路の工事を見学 社会

17日に特別授業

1月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook