港北区版 掲載号:2021年12月2日号 エリアトップへ

10周年を迎えた「菊名おでかけバス」の運営団体の共同代表を務める 入江 勝通さん 大豆戸町在住 77歳

掲載号:2021年12月2日号

  • LINE
  • hatena

助け支え合い走り続ける

 ○…同会が運営する「菊名おでかけバス」の第一便が走ったのは2011年1月25日のこと。自身がハンドルを握ったその日から10年間、住民の生活を支える”足”として活動を続けてきた。「大変なこともあったが、会のメンバーが楽しみながら取り組んできたことが、続けられた秘訣」と笑顔を見せる。

 ○…外出支援や大気汚染問題など地域課題の解決を目指して生まれたおでかけバス。運行開始までの道は険しく、なかでも採算の見通しが立たず運営事業者探しは困難を極めた。そんな中「それなら自分たちで運営しよう」とボランティアを募り、地域住民が運営するコミュニティバスが誕生した。現在バスとして利用しているワゴン車も活動を知った地域住民が寄贈したもの。「助け合うことで地域課題を住民の力で解決できることを示せた」と振り返る。

 ○…出身は北海道。チャンバラや野球が大好きで「父の木工場の廃材で木刀を手作りした」と少年時代を回顧する。一方、読書も好きで、高校で古文に興味を持ち教員の道に。86年からは自身で立ち上げた学習塾で教え子に寄り添う。「マイペースをつくる学習の母校」をテーマに、一人一人に合った指導を心がけ、たくさんの地域の子どもたちが学び舎から巣立っていった。休日は、地域史の研究に加えコーラスサークルに通う。心臓手術後に、妻に誘われ始めたというが「楽しく歌ってリラックスできる」とすっかり大切な時間になった。

 ○…運行本数も次第に増え、より地域に浸透してきたおでかけバス。「今後も老若男女問わず多くの人が利用し、新たな人と人とのつながりを生む場にしていきたい」と意気込む。まだまだ通過点、停車することなく走り続けていく。

港北区版の人物風土記最新6

板垣 博英(はくえい)さん

綱島消防出張所の緑化でガーデンデザインを行った

板垣 博英(はくえい)さん

綱島西在住 54歳

1月20日号

甘粕 宏和さん

ワルシャワ吹奏楽指揮者コンクールで優勝した

甘粕 宏和さん

新横浜在住 46歳

1月13日号

齋藤 夕羽希(ゆうの)さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

齋藤 夕羽希(ゆうの)さん

青葉区在住 20歳

1月6日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務める

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

12月23日号

田邊 陵光(たかみつ)さん

「港北公会堂の緞帳」についての講演を行った、日吉の森文化財団の学芸員

田邊 陵光(たかみつ)さん

下田町在住 52歳

12月16日号

西山 賢一さん

「グリーンコーポ篠原 花と緑の会」の会長を務める

西山 賢一さん

篠原町在住 74歳

12月9日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

裂き織コラージュ展

裂き織コラージュ展

大倉山の喫茶ぽるくで

1月10日~2月3日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook