港北区版 掲載号:2022年1月27日号 エリアトップへ

日吉の本だな、運用始まる 19日に開所式

社会

掲載号:2022年1月27日号

  • LINE
  • hatena
開所式でテープカットに臨む、(左から)鵜澤区長、鯉渕教育長、川島会長、國分日吉キャンパス事務長
開所式でテープカットに臨む、(左から)鵜澤区長、鯉渕教育長、川島会長、國分日吉キャンパス事務長

 地域の要望等を受けて設置された日吉図書取次所「日吉の本だな」の運用が1月19日に始まり、それに先立ち開所式が行われた。新型コロナの影響から関係者のみでの実施となった。

 同施設があるのは、慶應義塾大学日吉キャンパス内「協生館」1階。

 同施設では、インターネットで予約した横浜市立図書館の図書の受取りと返却ができるほか、新しい本との出会いや多世代交流をテーマにした本の企画展等も実施される。デジタルサイネージでは、施設紹介のほか、様々な区政情報も配信される。

 市内の図書取次所としては11番目の開所で、民間施設内に設置されたのは初。慶應義塾の國分紀嗣日吉キャンパス事務長は「身近な施設として地域への貢献になれば」と思いを口にした。

 開所式で、鯉渕信也横浜市教育長は「本との出会いや多世代交流を通じて、多くの人に親しまれ、利用してもらえる場に」とあいさつ。鵜澤聡明港北区長も「区北部の人にとって長年の悲願。長く愛される施設へ」と続けた。

 開所予定の午前10時前には、開所を待つ十数人の列ができるなど注目の高さが伺えた。本紙記事で開所を知ったという日吉4丁目在住の70代男性は、これまでは川崎市の中原図書館を利用していた。「(この日は臨時登録会もあると知り)図書館カードの登録のために来た。近くにこのような施設があったらと思っていた」と話していた。

 港北図書館の高安宏昌館長は「日吉の本だなと連携していけたら」と活動の広がりを見据え、港北区連合町内会の川島武俊会長は「ここでは図書の受取り・返却だけでなく、企画等のプラスアルファがある。これらの取組みが(他の行政施設等に)還元されれば」と期待を込めた。

開所した日吉の本だな
開所した日吉の本だな

特撰手織絨毯展 

ルームズ大正堂新横浜店 5月27日~ 天然木一枚板フェア 同時開催

https://www.rooms-taishodo.co.jp/shop/shinyokohama.html

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6

「おさんぽ」で交流

北新羽

「おさんぽ」で交流 社会

市民団体と園児ら

5月26日号

所属委員会決まる

所属委員会決まる 政治

横浜市会、13日本会議で

5月26日号

自然の大切さ知って

自然の大切さ知って 文化

松の川緑道まつり

5月26日号

子ども店員が「駄菓子屋」

大倉山おへそ

子ども店員が「駄菓子屋」 社会

オープンガーデン連動で

5月26日号

関東大会へ進出

関東大会へ進出 スポーツ

大豆戸FC U―15

5月26日号

命守る泳ぎを学ぶ

命守る泳ぎを学ぶ 文化

横浜北YMCAで6月19日

5月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook