港北区版 掲載号:2022年1月27日号 エリアトップへ

師岡熊野神社 「世の中は半分」 筒粥神事で占う

文化

掲載号:2022年1月27日号

  • LINE
  • hatena

 27本の葭(あし)の筒に炊き上げた粥がどれだけ詰まっているかで、その年の農作物の出来や世の中(景気)を占う筒粥神事が1月14日、師岡熊野神社(石川正人宮司)で執り行われた。

 949年(天暦3年)から続く神事は1073回を数え、横浜市の無形民俗文化財に指定されている。例年は多くの参列者が見守るが、今年も新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策として、神職、総代、関係者らによって執行された。

 神事は古式に則り、境内に据えた大釜に27本の葭の筒と米一升を入れ、粥を炊き上げる。筒に葭を用いるのは、葭は「よし」とも「あし」とも呼ばれ、物事の「良・悪」に通じることから、農作物の「吉・悪」を占う上で相応しいと考えられたためだという。

 神事が始まったのは午後2時。大祓詞奏上、祝詞奏上等に続き石川宮司が大釜の中から葭を引き上げ=写真、社殿で葭の筒を一本ずつ割り、農作物23種や日、雨、風、世の中を占った。「小麦-三分」「大根-半分」「芋-七分」などと、農作物の占い結果が読み上げられ、最後の4項目は、「日-半分」「雨-八分」「風-三分」、そして「世の中-半分」。石川宮司は「全体として実りのよくない種類が多い印象」と収穫への心配を口にし、「世の中は半分。新型コロナを乗り越えて、良い世の中になることを祈るばかり」と話していた。

港北区版のローカルニュース最新6

防災用井戸をお披露目

師岡小

防災用井戸をお披露目 社会

児童らが感謝の会

6月23日号

ゲームでSDGs学ぶ

ゲームでSDGs学ぶ 教育

新吉田小で特別授業

6月23日号

鎌倉彫の16人

鎌倉彫の16人 スポーツ

大倉山で作品展

6月23日号

蛍飛ぶ用水路

蛍飛ぶ用水路 社会

岸根町の一角に

6月23日号

区内2校が優良PTAに

区内2校が優良PTAに 教育

駒林・新吉田小が受賞

6月23日号

水墨画展

水墨画展 文化

喫茶ぽるくで6月27日から

6月16日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook