港北区版 掲載号:2022年5月12日号 エリアトップへ

妙蓮寺ファームが誕生 耕作放棄地を再生

文化

掲載号:2022年5月12日号

  • LINE
  • hatena
整備した畑で笑顔を見せる木津さん
整備した畑で笑顔を見せる木津さん

 妙蓮寺駅から徒歩13分ほどの松見町4丁目(神奈川区)に、このほど新たな農園が誕生した。

 マンションに挟まれた高台にあるのは「妙蓮寺ファーム」。農家のサポートなどを行う市民団体「かなっぱ畑の会」(山田牧美会長)が農園の管理を行う。

 以前は畑の後継者がおらず放置され、雑草や竹が生い茂っていたという同地。土地の所有者から相談を受けた地元の不動産会社「住まいの松栄」(酒井洋輔代表取締役社長)が、「畑を再生させたい」という同会とをつないだことで、今回の計画が始まった。

 最初にして最大の障壁となったのが開墾作業。重機が入れないためすべて人力での作業となるなか、土地の一面に生い茂る草や地中深く伸びた竹の根などを、4月から約1カ月かけて除去して土を耕した。運営の中心を担う同会の木津勉さん(72)は「ほぼ毎日作業して。45リットルのゴミ袋150個分ほどを刈り取ったよ」と苦笑しながら振り返る。

 現在は、トウモロコシやナス、トマトやじゃがいもなどを栽培しており、今後も葉物野菜などを育てていき、「状況に応じて、収穫した野菜の地域に向けた販売会などもできれば」と展望を語る。また、栽培には希望する地域住民らも気軽に参加することができる。木津さんは「少しでも農業や畑仕事の興味があればお気軽に。農園が地域の新たな交流の場になれば嬉しい」と笑顔を見せた。

 妙蓮寺ファームへの参加や問い合わせは、【携帯電話】080・2373・9764(木津さん)。

特撰手織絨毯展 

ルームズ大正堂新横浜店 5月27日~ 天然木一枚板フェア 同時開催

https://www.rooms-taishodo.co.jp/shop/shinyokohama.html

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6

「おさんぽ」で交流

北新羽

「おさんぽ」で交流 社会

市民団体と園児ら

5月26日号

所属委員会決まる

所属委員会決まる 政治

横浜市会、13日本会議で

5月26日号

自然の大切さ知って

自然の大切さ知って 文化

松の川緑道まつり

5月26日号

子ども店員が「駄菓子屋」

大倉山おへそ

子ども店員が「駄菓子屋」 社会

オープンガーデン連動で

5月26日号

関東大会へ進出

関東大会へ進出 スポーツ

大豆戸FC U―15

5月26日号

命守る泳ぎを学ぶ

命守る泳ぎを学ぶ 文化

横浜北YMCAで6月19日

5月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook