港北区版 掲載号:2022年5月12日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 陶器市や地元野菜販売が人気博す 岸根囃子連も登場した「陶芸まつり」

社会

掲載号:2022年5月12日号

  • LINE
  • hatena
多くの人が訪れた、陶芸まつり
多くの人が訪れた、陶芸まつり

 新横浜陶芸教室クラアート21(港北区岸根町)では、4月23日・24日、恒例の陶芸まつりを開催した。

 初日の21日は、天候にも恵まれ、午前中から多くの人が会場を訪れた。生徒作品の販売コーナーでは、スタンダードなデザインの湯呑や茶わん、ユニークなデザインの皿などが破格で購入できるとあって、人だかりができていた。また、小机地区で栽培されたとれたて野菜の販売も人気を博した。

 まつりの開始から雰囲気を盛り上げたのは、「岸根囃子連」の演奏。創立100年以上の歴史と伝統を誇る同団体は、横浜文化賞受賞や海外公演の実績もあり、近隣の例大祭などの行事には祭り囃子として欠かせない存在だったが、近年のコロナ禍で演奏を披露する場が非常に少なくなっているという。

 渡辺道春会長は、「(陶芸まつりには)毎年参加しており、今回も変わらず招いて頂いてありがたかった。練習は毎週行っており、今年は披露する場が増えてくれば嬉しい」と振り返った。

 

まつりを盛り上げた「岸根囃子」
まつりを盛り上げた「岸根囃子」
個性豊かな作品が披露された
個性豊かな作品が披露された

特撰手織絨毯展 

ルームズ大正堂新横浜店 5月27日~ 天然木一枚板フェア 同時開催

https://www.rooms-taishodo.co.jp/shop/shinyokohama.html

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6

「おさんぽ」で交流

北新羽

「おさんぽ」で交流 社会

市民団体と園児ら

5月26日号

所属委員会決まる

所属委員会決まる 政治

横浜市会、13日本会議で

5月26日号

自然の大切さ知って

自然の大切さ知って 文化

松の川緑道まつり

5月26日号

子ども店員が「駄菓子屋」

大倉山おへそ

子ども店員が「駄菓子屋」 社会

オープンガーデン連動で

5月26日号

関東大会へ進出

関東大会へ進出 スポーツ

大豆戸FC U―15

5月26日号

命守る泳ぎを学ぶ

命守る泳ぎを学ぶ 文化

横浜北YMCAで6月19日

5月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook