港北区版 掲載号:2022年6月23日号 エリアトップへ

車いすバスケ古澤さん 26年間の葛藤と挑戦、本に 区内在住の銀メダリスト

スポーツ

掲載号:2022年6月23日号

  • LINE
  • hatena
著書を手にする古澤選手
著書を手にする古澤選手

 東京パラリンピックの車いすバスケ男子・銀メダリストで、港北区在住の古澤拓也選手(26歳・パラ神奈川SC/WOWOW所属)が、これまでの26年間の葛藤や歩みを本にまとめた。書籍のタイトルは『車いすでも、車いすじゃなくても、僕は最高にかっこいい。』(小学館)だ。

 生まれつき、二分脊椎という先天性疾患があった古澤選手。小学5年生までは、自分で歩いて登下校もしていたが、合併症の影響から小学6年生で手術を受け、車いすでの生活になった。

 本が完成し古澤選手は「障がいの進行から銀メダルを取るまで、順風満帆ではなく、壁を乗り越えたり、かわしたりして結果が出たことを伝えた本」と振り返る。「障がいのある子や親御さんの力になりたいとずっと思っていたので、難しい状況にある人、元気のない人にも読んでもらえたら」。自身も元々スポーツ選手の本が好きで、励まされてきたことから「いつか自分も」との思いもあったという。

 小学生時代、いずれ歩けなくなると理解してはいたが、スポーツが得意で野球少年だった古澤選手。このため、夢は野球部に入り「甲子園に行くこと」だった。その夢が小学6年生の時に閉ざされ、野球ができないことが何より辛かったと振り返る。

 初めて車いすで小学校に登校する際は「皆から今までの扱いをされないんじゃないか、休み時間に友だちとドッジボールをしていたのに、どこにいたらいいんだろう」と憂鬱に。しかし担任教諭の「車いす、かっこいいな」との一言が不安をかき消したというエピソードも。友人たちもかっこいいと駆け寄ってくれたといい、その後も「友人たちに恵まれました」。

 本には「車いすユーザー」になった自分を受け入れられなかったが、人との出会いや車いすバスケとの出合い等を通じ自分を受け入れ、挑戦していく様子が記される。

 また中には幼少期からの家族とのやり取りも。現在はメダルを取ったことで障がいのある子どもを育てる親に遠い存在のように思われることがあるが「メダルは現時点の結果で、前半の人生は他の障がいのある子と変わらない子どもだった」と捉える。「どこで頑張ってどこで休むか、中間が大事なのかなと思う。子どもが小さいうちは成長の途中で先が見えないかもしれないが、どう過ごしてきたか知ってもらい何かの参考になれば」

 本は四六判、192頁。区内書店等で購入可能だが、店頭にない場合は取り寄せ注文となる。

港北区版のトップニュース最新6

囲碁で全国大会へ

慶應高棋道部

囲碁で全国大会へ 文化

個人・団体戦で県制覇

6月30日号

生徒考案メニューが給食に

高田中

生徒考案メニューが給食に 教育

PTA主催の試食会も

6月30日号

26年間の葛藤と挑戦、本に

車いすバスケ古澤さん

26年間の葛藤と挑戦、本に スポーツ

区内在住の銀メダリスト

6月23日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月23日号

住み続けたいまちへ

港北区運営方針

住み続けたいまちへ 政治

地域活動再開サポートも

6月16日号

策定へ基本的方向発表

新たな中期計画

策定へ基本的方向発表 政治

市長公約「ゼロ」明示せず

6月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

綱島でサマーフェス

綱島でサマーフェス

30回記念 7月2日・3日に

7月2日~7月3日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook