アイリッシュハープ奏者・講師で、研究、製作も行う寺本 圭佑さん下田町在住 36歳

掲載号:2016年6月9日号

  • LINE
  • はてぶ

古来の音色 多くの人に

 ○…アイルランドの国の紋章になっている楽器「アイリッシュハープ」。小さめの形態で軽く、繊細な音が特長だ。中でも現在ではあまり普及していない、金属弦が張られた古来のタイプを研究しつつ、演奏活動をしたり、ワークショップを開いて弾き方などを教えたりしている。さらには楽器の数が少ないため、自身で製作までしている。今まで作った数は50台以上。「1本の木から削って作っていきます。作り方の資料はなく、試行錯誤して見よう見まねで続けてきました」

 ○…京都に住んでいた中学生の時、街中でアイリッシュハープを弾く男性演奏者に出会ったことが始まり。「そのささやくような音色と見た目のカッコよさに一瞬にして引き込まれました」。その演奏者のもとで習い始め、練習時間を確保するために高校を中退してしまうほどのめり込んだ。さらに音楽学を学び、より知識を深めるため、明治学院大学芸術学科に進学。その中で夢中になって研究したのは古来金属製のアイリッシュハープ。19世紀に一旦消滅したこの楽器の音色や歴史に取りつかれていった。「演奏方法も独自に学びました。未知の部分を想像することが面白かった」と力を込める。

 ○…日本画家の妻と猫の「シナモン」との3人暮らし。お手製のアイリッシュハープには妻の絵が施されている。酒を飲むのが好きで、最近では日吉のアイリッシュパブでアイルランド音楽を聴きながら嗜む。自身のコンサートを開くこともあるといい「他に趣味はありません」と笑うほど公私ともにアイリッシュハープ漬けの日々だ。

 ○…ここまで真剣に取り組む理由は「いまだはっきりしていない用語や歴史を調べて多くの人に伝えたい」という思いから。そのため最近は指導することも重視しており、今後全国でワークショップを開いていく考え。「そしていつか家庭で普通に楽しめる楽器になって欲しい」と微笑む。

  • LINE
  • はてぶ

港北区版の人物風土記最新3件

  • 麻生 瑛子さん

    朗読会「舞姫」を上演する女優

    麻生 瑛子さん

    篠原北在住 65歳

    11月1日号

  • 横山 清和さん

    妙蓮寺ニコニコ会の会長として、ラジオ体操やジャズコンサート等を行っている

    横山 清和さん

    菊名在住 73歳

    10月25日号

  • 高橋 芳伸さん

    開館30年目を迎えた綱島地区センターの館長を務める

    高橋 芳伸さん

    綱島在勤 61歳

    10月18日号

大正堂 新横浜店 

世界の手織絨毯が一堂に 特撰手織絨毯展 11月2日~5日まで アウトレットも

http://www.rooms-taishodo.co.jp/

<PR>

キディ大倉山・横浜 来春開園!

港北区役所となり、家型園舎・屋上遊技場の新しい認可保育園です

https://www.shinkoufukushikai.com/archives/1303

<PR>