記者メモVol.3 振り込め詐欺を撃退せよ

社会

掲載号:2018年3月29日号

  • googleplus
  • LINE

高齢者、子育て、災害――。日本には様々な考えるべき社会問題がある。では港北区では何が起きているの?区内での現状を、体当たりで調査します。

 昨年、振り込め詐欺被害額県下ワースト1位の3億3千万円を叩き出したのは、なんと我が町港北区。発生件数も93件、県下ワースト3位と高い。世帯数や駅が多いこと、ATMの設置など、振り込みやすい環境が整っていることが要因だといえる。新年度が始まり、家族の通勤・通学により高齢者の留守番が多くなるこれからの季節は、特に悪質詐欺が蔓延しやすいという。

 そこで港北警察署が試験的に導入したのが”振込め詐欺撃退機器”の貸出し。昨年、県・港北区ともに過去最悪の発生件数及び被害額だったこともあり、県警から打診があったという。神奈川県では初の試み。

 この機器は、固定電話に設置することで発信者に対して「この電話は振り込め詐欺等犯罪被害防止のため、会話内容が自動録音されます」と警告のメッセージが流れるというもの。主に60歳以上の高齢者が昼間一人又は夫婦で在宅している家庭250世帯が対象。現在190世帯への設置が確定しており、順次取り付けて回っている。後々はアンケートを集計し、その結果によってはさらに導入数を増やしていく方針。

 実際、2016年4月から17年1月末まで250台の貸出しを行った栃木県警では、95%の世帯が「不審電話がほとんどなくなった」と回答。そのため、港北警察署は「設置した家庭からは1件も被害を発生させない」ことを見込んでいるという。

 設置を希望する場合は、港北警察署生活安全課【電話】045・546・0110(代表)まで問合せを。

  • googleplus
  • LINE

港北区版のローカルニュース最新3件

大正堂 新横浜店 

展示現品値下げ 半期決算クリアランスセール 10~50%OFF 26日まで 

http://www.rooms-taishodo.co.jp/

<PR>