都筑区版 掲載号:2011年5月19日号
  • googleplus
  • LINE

寄稿【5】 東北の教訓を横浜・都筑に! 横浜市会議員 くさま剛

要らない選挙カーを被災地に
要らない選挙カーを被災地に

 横浜市と同じ政令指定都市で、600名以上の方々が犠牲となった仙台市に、災害視察とボランティア活動に向かいました。震度4以上の余震回数83回。地震直後は最大で10万人の市民が避難し、138万戸が停電。約30万人が断水人口となり、都市ガスの全供給が停止した仙台市は、「想定外」の地震と津波に対応することができませんでした。同じ政令市である仙台市の教訓を、横浜市や都筑区は真剣に学ばなければいけません。

 仙台市においては、【1】10%の市民が避難所に避難したことが、仙台市防災計画の想定外だったこと(住宅が全壊しなくても、市街地のマンション住民、学生が停電・断水・余震により避難所へ)【2】沿岸部の津波被害だけでなく、仙台市街地を取り巻く丘陵地の「山津波」被害が深刻化したこと【3】災害時を想定して、100を超える災害協定を関係各機関と締結していたが、ほとんど機能しなかったこと【4】公共施設の発電機は重油が燃料であったため、燃料不足で機能しなかったこと【5】避難所への救援物資運搬が、通信手段が遮断された中、深刻な市街地の交通渋滞で困難を極めたことなど、災害対策について、大きく5つの課題が浮き彫りになりました。

 これらの課題は、他人ごとではありません。マンション住民が多い都筑区でも、早急に災害対策を見直す必要があります。

 個人的には、「いわて・ゆいっこ」を通じて、選挙で使わなかった選挙カーを岩手県大槌町などの被災地に送っています。被災地のニーズは刻々と変わりますが、息の長い・顔の見える復興支援を、都筑から続けていきたいと思います。
 

仙台市宮城野区でのボランティア活動
仙台市宮城野区でのボランティア活動
大槌町でお花見支援
大槌町でお花見支援

横浜市会議員 くさま剛

横浜市都筑区中川中央1-8-13

TEL:045-915-5561

http://www.kusamatsuyoshi.com/

進学塾MINATO

新小4~新中3対象の経験豊富な講師による少人数制一斉指導塾

<PR>

都筑区版の意見広告・議会報告最新6件

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク