都筑区版 掲載号:2011年5月26日号
  • googleplus
  • LINE

市営地下鉄 駅の蛍光灯をLEDに 電力不足に備え まずは9駅から

設置に向けシミュレーションを行う作業員(あざみ野駅)
設置に向けシミュレーションを行う作業員(あざみ野駅)

 横浜市営地下鉄は今後3年間で、ブルーライン全32駅の蛍光灯のうち約3割を省エネ効果のあるLED照明(発光ダイオード)に交換する。その第一歩として、7月までに主要9駅の蛍光灯約2300本の照明をLEDに切り替え、夏場の電力不足に備える。

 地下鉄は駅ホームや構内など昼間も電気を必要とするため、地上路線に比べ電力を多く使用する。コスト、環境負荷の両面から電力量削減は喫緊の課題だった。さらに東日本大震災以降の電力不足や駅利用者からも、「もっと節電しても良いのでは」との声も寄せられたことなどから、LED照明への交換を急遽決めた。「少しでも省エネ効果のある照明に切り替えることで、電力不足や環境負荷に配慮していきたい」と市交通局は話す。

 まずは、今夏の電力不足対策として、乗継駅や乗降者数の多い、あざみ野・センター北・センター南・新横浜・横浜・関内・上大岡・戸塚・湘南台の9駅の蛍光灯2301本をLEDに交換。年間約30万キロワットアワーの電力削減を見込む。25年度までには全32駅の蛍光灯の約3割にあたる7000本を交換し、約92万キロワットアワーを削減。これにより、年間880万円の電力コストと352トンのCO2排出量が減らせるとしている。

削減率は1%に満たず

 しかし、全駅LED照明交換後の電力削減率は全電力量のうちの1%未満だ。「電車を走らせる電力量が全体の約半分を占めており、全電力からすると照明の削減率は高いとは言えない」と市交通局。

 また、電気料金の削減額880万円も年間の総電気料約13億円のほんの一部だ。LED照明の設置コスト約4200万円を回収するのに、約5年が必要となる。

 「あくまでもLED照明交換は節電の第一歩と位置づける。照明以外での節電対策も、今後検討をしていく必要がある」と交通局は話している。
 

進学塾MINATO

新小4~新中3対象の経験豊富な講師による少人数制一斉指導塾

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6件

公共施設の「多目的化」推進へ

子育て情報アプリ配信

区こども家庭支援課

子育て情報アプリ配信

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

養浩館道場(勝田町)が入賞

関東小学生剣道大会

養浩館道場(勝田町)が入賞

3月8日号

学童保育 運営道のり険し

ビーコルセンター誕生

セン北駅前

ビーコルセンター誕生

3月1日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク