都筑区版 掲載号:2011年6月9日号
  • googleplus
  • LINE

「つながり」と「安心」が柱 区が23年度運営方針を発表

 都筑区役所は今月1日、平成23年度区政運営方針を発表した。「地域のつながりと安心を実感できるまちを目指して」を基本目標に、防災対応の強化、自治会・町内会加入促進、子育て支援などに力を入れる。

 都筑区は横浜18区の中で平均年齢が最も低い。若く活気がある一方、地域のつながりの希薄化が課題だった。東日本大震災を受け、あらためて地域力が問われていることから、今年度の運営方針では「つながり」と「安心」を柱に据えた。

 目標達成に向けた重点施策は5つ。1つ目は「安心を実感できる生活環境の実現」。災害対応における課題やニーズを検討・把握する体制をつくるため、(仮称)防災に関する地域ニーズ検討委員会を設置し、区民が安心して暮らすことができる環境を整備する。

 2つ目に掲げるのは「区民主体の地域づくりの推進と産業活性化の支援」。自治会・町内会加入促進に力を入れていくほか、今年度からの新事業として、都筑・ドイツ交流事業を開始。今年が日独交流150周年であることから、区内にある5つのドイツ企業・団体と協働し、文化、経済、地域レベルの交流やイベントの開催を予定している。

 3つ目の施策である「子育て支援、福祉・保健活動の充実と児童虐待の予防」では、待機児童の解消を目指し、保育コンシェルジュの配置や市立保育園増築による受入枠拡大を行う。また、子育て中だけでなく、妊娠中でもプロの保育士に育児や子育ての不安を相談することができる、保育園「学びと体験」応援モデル事業を始める。

 4つ目の「快適で暮らしやすいまちづくりの推進」では、都筑区タウンセンター周辺地区のバリアフリー基本構想の一環として、来街者の誰もがわかりやすいと感じる案内サインの設置を進める。

 5つ目の施策は「区民満足度の向上と職員がいきいきと働ける組織づくり」。あったかハートつづき宣言に基づき、窓口サービス標準の徹底などで区役所サービスの向上を図る。

 区では、「区民の皆様をはじめ、企業や団体の協力もいただきながら、目標達成に向け努力していきたい」と話している。
 

進学塾MINATO

新小4~新中3対象の経験豊富な講師による少人数制一斉指導塾

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6件

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク