都筑区版 掲載号:2011年6月16日号
  • googleplus
  • LINE

結成25周年記念公演を開催する横浜都筑太鼓理事長 白井 拡幸(ひろゆき)さん 青葉区在住 61歳

響け25年の”心意気”

 ○…25年前たった3人から始まった横浜都筑太鼓。『地域に根付く新しい郷土芸能』を目指し発足した。「結成当初は叩ける曲も少なく、初めて参加した緑山スタジオのチャリティー公演では、ずっと同じリズムを繰り返してました」と笑いながら当時を振り返る。今では、一昨年に行われた横浜開港150周年イベントや各国の首脳が集まったアジア太平洋経済協力会議(APEC)に出演する和太鼓集団に成長した。「こつこつ叩き続けて、やっと横浜の顔になれたのかな」と少し嬉しそうに微笑む。

 ○…太鼓との出合いは15歳の時。太鼓好きの従兄弟に誘われ、初めて大場町(青葉区)の祭りで太鼓を叩く。「ひろちゃん、上手だねって近所の人に褒められて嬉しかった。それで調子に乗って今まで続けてるんだよね」。46年たった今も地元の祭りに参加し、盆踊りの曲に合わせ仲間と櫓(やぐら)で太鼓を打ち鳴らす。

 ○…青葉区の鉄小、谷本中を卒業。卒業後は中里農協(現JA横浜)に就職した。主に、地元農家に肥料などの配達を担当。その後、市営バスの運転手を7年間務めた。現在は造園業『庭幸』の代表として庭木や植木の剪定(せんてい)を手掛ける。「盆栽好きのオヤジがきっかけで、この世界にきたけど結果的には良かった。息子も手伝ってくれてるから嬉しいね」と思わず笑顔を見せる。

 ○…公演活動は、海外から地元の幼稚園、盆踊り大会など幅広くこなす。今月18日には、青葉公会堂で『心意気』と題した結成25周年記念公演を開催する。「今まで支えてきてくれた全ての人に感謝して、我々の25年分の心意気を伝えたい」。万葉集にも記されている由緒ある地名”つづき”と末永く”続く”ことを願って付けられた横浜都筑太鼓。「30周年を目指し、これからも地域に根付いた活動をしていきたい」と将来を見据える。
 

進学塾MINATO

新小4~新中3対象の経験豊富な講師による少人数制一斉指導塾

<PR>

都筑区版の人物風土記最新6件

有好 まなみさん

「WOMEN’S MEET UP!」プロジェクトを企画・運営するモヤ→キラ委員会代表

有好 まなみさん

3月15日号

城田 栄一さん

都筑警察署に防犯カメラを寄贈した都筑工場事業所防犯協会会長の

城田 栄一さん

3月8日号

皆川 幸成さん

ビーコルセンターを開設した(株)五人侍の代表取締役を務める

皆川 幸成さん

3月1日号

高橋 健さん

市歴史博物館の学芸員で考古学を担当する

高橋 健さん

2月15日号

吉田 勇太さん

プロプレーヤーとしてけん玉の普及に努める

吉田 勇太さん

2月8日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月1日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク