都筑区版 掲載号:2011年6月23日号
  • googleplus
  • LINE

(株)サカタのタネ ビオラに農林水産大臣賞 花の受賞は10年ぶり

社会

白から青紫へと色が変わるのが特徴
白から青紫へと色が変わるのが特徴

 全日本花卉品種審査会の花壇花類部門で、仲町台に本社を置く「(株)サカタのタネ(坂田宏社長)」のビオラが農林水産大臣賞を受賞。このほど東京都上野で日本種苗協会総会が開催され、授賞式が行われた。同社が研究開発した花で同賞を受賞するのは10年ぶりとなる。

 全日本花卉品種審査会は、(社)日本種苗協会が主催し、種苗の品種改良の促進などを目的に行われるもの。今回は、「施設切り花類」の部門で3品目(スターチス、ユーストマ、ハボタン)、「花壇花類」の部門では2品目(ペチュニア、パンジー・ビオラ)を対象に審査が行われた。

 (株)サカタのタネが出品した花壇花類の部門の品目「パンジー・ビオラ(秋出しポット栽培)」の審査会は、平成14年以来、2回目の開催となった。

 この審査会は、パンジーとビオラの主要産地となっている鳥取県の農林総合研究所園芸試験場が会場となった。今回同品目に出品した種苗メーカーは7社。昨年8月に同所に審査対象品種を持ち込み、栽培が開始された。全メーカーの花は同じ条件のもとで育てられ、そして昨年11月、審査会が開催された。

 各メーカーから同品目に出品されたのは、パンジー2品種、ビオラ24品種の全26品種。同社のビオラ「K9-888」の特徴は、花の色が変化することにある。咲き始めは白い花だが、途中から青紫色へと変わる。また、花の多さと開花時期にも工夫が凝らされた。花は、株が覆われるほどの見ごたえで、一斉に咲き揃うようにと試行錯誤されたという。開発期間は10年に及んだ。

 審査結果は、85・50点(100点が満点)の一等特別賞に輝いた。さらに、花壇花類の部門全162点の中でも最優秀で、8年前に行われた同品目の審査会と比較しても同等以上の品種として「農林水産大臣賞」を受賞した。

 同社の開発者、中川雅博ブリーダーは、「今回の受賞をたいへん嬉しく思っています。このような品種をシリーズ化していくため、今後も努力していきたい」と話した。

 なお、「K9-888」は現在も研究が進んでおり、色の種類を増やすなど今後の商品化を目指している。
 

進学塾MINATO

新小4~新中3対象の経験豊富な講師による少人数制一斉指導塾

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6件

公共施設の「多目的化」推進へ

子育て情報アプリ配信

区こども家庭支援課

子育て情報アプリ配信

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

養浩館道場(勝田町)が入賞

関東小学生剣道大会

養浩館道場(勝田町)が入賞

3月8日号

学童保育 運営道のり険し

ビーコルセンター誕生

セン北駅前

ビーコルセンター誕生

3月1日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク