都筑区版 掲載号:2012年1月12日号
  • googleplus
  • LINE

横浜マラソン大会ハーフマラソンの部で2連覇を果たした 清谷(せだに)公紀(こおき)さん 市内在住 21歳

陸上人生を”完走”

 ○…重大な決意は誰にも言っていなかった。「この大会を最後に陸上競技に一区切りつける」。一昨年も優勝したこの大会で、納得してレースを終えたかった。狙っていたタイムではなかったが、「とにかく優勝できてよかった」。大会後、家族に決意を述べると、びっくりされたが、これまで支えてくれた家族に優勝を贈ることができ何より嬉しかった。

 ○…中学時代は野球部に所属。校内マラソンで上位に入り、全国にも出場する陸上部の顧問に度々誘いを受けていたが、断り続けた。荏田高に進学後、隣に座った友達から誘われ、軽い気持ちで入部したのが陸上人生の始まり。「強豪校というのも後に知ったんです」。素人がついていけるほど、練習は甘くはなかった。しかし、負けん気に火がつき、悔しさから全体練習後に自主練習を行い力をつけた。高校最後の駅伝ではエース区間を任されるまでに成長。「努力は決して裏切らなかった」

 ○…横浜マラソン大会の直前、15年一緒に生活していた愛犬ジョンが亡くなった。「何も手につかなかった」。練習に身が入らず欠場も考えたが、悲しむ家族のためにも、優勝して元気づけようと出場を決めた。大会前日には、「力を貸してくれ」と愛犬のお墓参りをした。「ジョンもどっかで見ていてくれたと思います」。ジョンのほかに、勝ちたい理由がもう一つあった。「祖母の誕生日がすぐだったので、優勝をプレゼントしたかったんです」。家族にささげる優勝となった。

 ○…たまプラーザのバイト先には自身が大きく取り上げられた記事が貼られている。友達からも数え切れないほどの祝福をもらった。「大会では沿道から大きな声援をもらった。いろんな人に支えられてここまでくることができた」。恩返しの意味も込めて、公務員になることを決め、現在は大学のほかに塾にも通う。陸上人生は完走を果たしたが、第二の人生はスタートをきったばかりだ。
 

都筑区版の人物風土記最新6件

高橋 健さん

市歴史博物館の学芸員で考古学を担当する

高橋 健さん

2月15日号

吉田 勇太さん

プロプレーヤーとしてけん玉の普及に努める

吉田 勇太さん

2月8日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月1日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月25日号

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

1月18日号

國廣 淳智さん

MOMOどうぶつ病院院長で都筑区獣医師会の会長を務める

國廣 淳智さん

1月11日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

障害者らの芸術・音楽

障害者らの芸術・音楽

10日から区内各地で開催

2月10日~2月28日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク