都筑区版 掲載号:2012年1月19日号
  • googleplus
  • LINE

シンクロチーム競技で「都筑スポーツ特別賞」を受賞した 内山蘭々(らら)さん 茅ヶ崎南在住 9歳

”シンクロ”が元気の源

 ○…「プールが大好き。水中で演技するのはもっと好き」その姿は可愛らしい子どもそのもの。だが、曲が流れれば小学4年の女の子は表現力豊かな演技者に。去年8月の「全国JOCジュニアオリンピックカップ」。シンクロチーム(10〜12歳の部)で見事3位入賞。「お姉さん達についていくのに精一杯だったけど、笑顔で上手にできた」と大満足。この年齢にして大舞台では大活躍。それは”強い心”を持っているから。同大会では「演技前に寝ちゃった」なんてエピソードも。本番では弾ける笑顔を観客に向けた。都筑スポーツ特別賞授賞式の場、区賀詞交換会でも、堂々と胸を張って壇上に登場した。

 ○…3歳から水泳教室に。とにかく泳ぐのが大好き。熱があっても「行く!」と駄々をこねては母を困らせた。シンクロは小学1年から。先輩が出場する大会を見て「水の上で演技が出来たら楽しいだろうな」と一瞬で惹かれた。その念願が叶い小学3年の時、シンクロチームに入った。しかも大会ではいつも上位にいる憧れの強豪。週5日の練習には朝練もあり、登校前に始発で通う。家に帰ったら、振り付けの復習も欠かさない。「練習は大変だけど楽しい。プールに入ると元気になれるよ」眩しいほどの素直な気持ちが伝わってくる。

 ○…「蘭々(らら)」という名前を付けたのは、オペラ歌手だった母。歌う時に口ずさむ「ラララ〜」の響きから。だから生まれた時から音楽は身近な存在。リズム感は抜群だ。「大好きなプールで音楽に合わせて表現するシンクロは私にピッタリ」。将来の夢はもちろん「シンクロ選手」。唯一の心配事は、同年代の中で今は体が小さいということ。だが、そこは母が栄養たっぷりメニューで全力サポート。大会には母の手作り衣装で臨むなど、まさに二人三脚。水の中での笑顔にはこんな原動力がある。「技術は、まだまだだけど、絶対上手くなる!」この情熱で、夢を実現するだろう。
 

都筑区版の人物風土記最新6件

高橋 健さん

市歴史博物館の学芸員で考古学を担当する

高橋 健さん

2月15日号

吉田 勇太さん

プロプレーヤーとしてけん玉の普及に努める

吉田 勇太さん

2月8日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月1日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月25日号

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

1月18日号

國廣 淳智さん

MOMOどうぶつ病院院長で都筑区獣医師会の会長を務める

國廣 淳智さん

1月11日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

障害者らの芸術・音楽

障害者らの芸術・音楽

10日から区内各地で開催

2月10日~2月28日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク