都筑区版 掲載号:2012年1月26日号
  • googleplus
  • LINE

センター南 すきっぷ広場 市民の声活かし初の改修 隣接歩道はバリアフリーにも配慮

社会

全体計画の平面図
全体計画の平面図

 昨年12月から、センター南のすきっぷ広場周辺の大規模な整備工事が行われている。全面的な改修は平成10年に同所が完成して以来初のこと。バリアフリーにも配慮された設計になるなど、市民の声を活かした広場として生まれ変わる。

 区民まつりをはじめとする様々な区内のイベントが行われ、人が集まる憩いの場として親しまれている「すきっぷ広場」。長い間使われてきたことにより、近年は表面のがたつきなど舗装の劣化が目立ってきていた。この改修を目的に、昨年12月から同所を全面的に改修する大規模な整備工事が進められている。

 工事にあたっては、耐久性に配慮した建材が選定された。ステージ部分に使用されていたタイルや歩道部分の煉瓦の替わりには、「インターロッキングブロック」が使用される。これは、隣り合うブロックをつないで敷設されるもので地面のがたつきをおさえられるという特徴がある。また、同所に訪れる人が座るデッキに使用されていた天然木は撤去される。代わりに、腰掛ける部分には木とプラスチックを素材とした合成木材、足をつく位置には同様のインターロッキングブロックと、2種類の建材を交互に施工。合成木材には、これまでの景観を保ちつつも、痛みにくいというメリットがある。

 舗装工事と同時に、広場周辺の歩道はバリアフリーに配慮し、視覚障害者用の誘導ブロックの工事も行われる。これまでは、道路の中央を通ることを基準に設計されていたため、幅員が狭くなる地点で直角に曲がる箇所があるなど、市民から「歩きにくい」という声もあったという。今回の改修では人の動線に合わせて整備。曲がる部分もなだらかになり歩きやすくなるという。

地域ではイベントも企画

 これらの計画は、センター南商業地区振興会(金子進会長)など地域の声も反映させながら進められた。また広場が完成する予定となる3月末頃には、同会などを中心にイベントも計画されている。金子会長は、「完成後は、さらに親しまれる広場となってほしい」と期待を寄せている。都筑土木事務所では、「区民のみなさんが使う大切な場所。改修後も大事に使って欲しい」と話している。
 

都筑区版のトップニュース最新6件

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月15日号

混雑緩和策で6両化へ

市営地下鉄グリーンライン

混雑緩和策で6両化へ

2月15日号

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月8日号

セン南駅で旅券発給へ

横浜市

セン南駅で旅券発給へ

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

障害者の外出サポート

都筑区社協

障害者の外出サポート

2月1日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

障害者らの芸術・音楽

障害者らの芸術・音楽

10日から区内各地で開催

2月10日~2月28日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク