都筑区版 掲載号:2012年1月26日号
  • googleplus
  • LINE

今年開所20年を迎える『横浜ラポール』で障害者スポーツのプログラム立案に中心的に携わってきた 田川 豪太さん 港北区在住 50歳

「スポーツする喜びを伝えたい」

 ○…開所当初から知的・身体障害のある人がリハビリや健康づくりなどを目的に取組む”障害者スポーツ”のプログラムなどを中心的に立案し、とりまとめてきた。「あっという間の20年でした。現在では施設の浸透度も増しており、多くの方々に利用していただいています」と柔らかな笑顔を見せる。

 ○…25年前、大学院卒業後、(福)横浜市リハビリテーション事業団に。同団が運営するリハビリテーションセンターに在籍しながらラポールで、脳卒中などで身体が不自由になった人個々のリハビリに最適な卓球や水中運動などの種目を選定してきた。「当初は障害者スポーツのノウハウがまだ確立されていなかった。また、施設の設立趣旨も理解されておらず、健常者の利用が多かったんです」と振り返る。一方で、開所を心待ちにしていた障害者も多く「完成を非常に喜んでくれました」。20年前に担当した人が今でも通所し、スポーツを続けている姿を見ると「本当に感慨深い」と顔を引き締める。

 ○…大学院時代には、国立障害者リハビリテーションセンターで非常勤講師としても勤務。そこで先輩指導員に障害者に対する心構え―一人の人間として対等に向き合うこと―を説かれた。その教えが障害者スポーツに携わろうと思えた大きなきっかけになったという。「それからは”障害のある人でもスポーツを楽しめる喜びを知ってもらいたい。そういう仕事がしたい”と決意を固めた」と熱っぽく語る。

 ○…ラポールの活動の柱に、市内の地区センターなどで障害者スポーツ教室などを開く地域支援がある。教室に通う障害者のなかには、グループとなり、自立した活動をするケースもあるという。「まだまだ多くの人々にラポールを知っていただきたい」。地道な活動は続いていく。
 

都筑区版の人物風土記最新6件

高橋 健さん

市歴史博物館の学芸員で考古学を担当する

高橋 健さん

2月15日号

吉田 勇太さん

プロプレーヤーとしてけん玉の普及に努める

吉田 勇太さん

2月8日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月1日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月25日号

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

1月18日号

國廣 淳智さん

MOMOどうぶつ病院院長で都筑区獣医師会の会長を務める

國廣 淳智さん

1月11日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

障害者らの芸術・音楽

障害者らの芸術・音楽

10日から区内各地で開催

2月10日~2月28日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク