都筑区版 掲載号:2012年2月23日号
  • googleplus
  • LINE

3月で1周年を迎える「劇団・夢スタ」の講師を務める 森田 等さん 東京都大田区在住 55歳

芝居と人にとことん真剣

 ○…小学1年生から60代までの幅広い世代13人が集まる「劇団・夢スタ」を指導する。3月で発足から1年。2月12日には、都筑の文化夢スタジオで、ミュージカル「セロ弾きのゴーシュ(宮沢賢治原作)」の初公演を行った。拍手喝采に終わったステージを振り返り、「初心者がほとんどだった劇団で、よくここまでできた」と、満足そうに頷いた。

 ○…練習がスタートした当時の一座は「ガヤガヤ集団」。やんちゃな小学生に多感な中学生といったメンバーをまとめるだけでも一苦労だ。それでも、子ども扱いはしない。「演劇は、本当にリアルを再現しようとすると伝わらないけど、嘘っぽくてもダメ」など、芝居の奥深い部分まできちんと教える。「伝えるときはいつも真剣」。そんな熱意は、団員にも伝わった。回を重ねる度に練習にもメリハリがつき、今や劇団が「ファミリー」に。本番では、団結して集中力を発揮。「役者の一生懸命さに涙が出た」という観客もいるほど大きな感動を呼んだ。

 ○…青春時代はフォーク全盛。「誰もがギターを持ってた」と言うが、その入れ込み方は特別。井上陽水などに影響を受け、中高時代には作詞、作曲も。その数は約200にも上るという。大学では、ミュージカル研究会に所属。どっぷり舞台の世界に浸かった。社会に出てからは、小椋佳の事務所で演劇のプロジェクトに携わるなど、演劇道一筋。現在は、フリーの脚本家、作詞家、演出家として活躍する。「自分がイメージする世界観を作り上げるって、おもしろい」。芝居の世界をとことん追及する。

 ○…酒と読書と散歩好き。東京から区内のスタジオに通う時は、あざみ野駅から40分かけて歩くことも。「街の中には新鮮な発見がたくさんあるよ」。そんな日常でも、クリエイティブな感性を養っているのだろう。劇団・夢スタは、初公演を終えて2年目へ。今後どのような発展を見せてくれるのか、期待が高まる。
 

都筑区版の人物風土記最新6件

高橋 健さん

市歴史博物館の学芸員で考古学を担当する

高橋 健さん

2月15日号

吉田 勇太さん

プロプレーヤーとしてけん玉の普及に努める

吉田 勇太さん

2月8日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月1日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月25日号

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

1月18日号

國廣 淳智さん

MOMOどうぶつ病院院長で都筑区獣医師会の会長を務める

國廣 淳智さん

1月11日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

障害者らの芸術・音楽

障害者らの芸術・音楽

10日から区内各地で開催

2月10日~2月28日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク