都筑区版 掲載号:2012年7月12日号
  • googleplus
  • LINE

センター南 新大型商業施設が着工 国内初の耐火木造を採用

経済

2、3階はガラス張りに
2、3階はガラス張りに

 2013年秋にオープン予定の新しい大型商業施設「サウスウッド(茅ヶ崎中央6の1)」が7月1日、着工した。テナントには飲食や医療モールを予定。センター南駅前に新たな賑わいが生まれることが期待される。

 サウスウッドを運営するのは、「(株)横浜都市みらい(荏田東4の10の2)」。同社がこれまでセンター南駅前で運営してきた「パルスポット」の老朽化にともない、新しい商業施設の建設が決定した。

 同商業施設が目指すのは、近隣に住む人が集う憩いの場。子育て世代などファミリー層を中心に、リラックスできる空間を提供したい考えだ。

 建物は、地下1階、地上4階建て。1階と2階には、日常的に利用してもらえる飲食や物販などを予定。3階は医療モールやエステ、フィットネスなど、健康面をサポートするテナントを想定している。地下1階は駐車場、また4階は事務所。 センター南駅前の立地を考え、2階と3階はガラス張りで夜も周囲を明るく照らすつくりに。1階は南北に通り抜けが可能で、駅前と住宅地をつなぐ。同社は、「建物内にイベントが行えるスペースを設けるなど、駅前をより活性化し、街に貢献できる施設を目指したい」と話している。

環境面の配慮も

 同商業施設の建築にあたっては環境に配慮し、再生産可能な循環資源である木材を使用。駅前は防火地域となり、大規模な木造建築は困難とされてきたが、耐火集成材「燃エンウッド」を採用することで国内で初めて実現可能となった。

 燃エンウッドは、同商業施設を建設する(株)竹中工務店が開発。その構造は、カラマツの内部にモルタルの耐火層を持たせたもの。火災が発生した場合、表面のカラマツ集成材は炭化して断熱の役割を果たす。その内側に配置したモルタル部分で燃焼を停止させ、荷重支持部となる中心部のカラマツを保護する。

 環境面だけでなく、木の表面が見えることで施設の内装にも一役。自然のぬくもりが感じられる。
 

都筑区版のトップニュース最新6件

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月15日号

混雑緩和策で6両化へ

市営地下鉄グリーンライン

混雑緩和策で6両化へ

2月15日号

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月8日号

セン南駅で旅券発給へ

横浜市

セン南駅で旅券発給へ

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

障害者の外出サポート

都筑区社協

障害者の外出サポート

2月1日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

障害者らの芸術・音楽

障害者らの芸術・音楽

10日から区内各地で開催

2月10日~2月28日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク