都筑区版 掲載号:2012年8月23日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市・首都高(株) 「環状北西線」事業に着手 2021年度に完成予定

 横浜市と首都高速道路株式会社は「高速横浜環状北西線」事業着手をこのほど発表した。市民の利便性向上や物流活性化などを図る。完成予定は2021年度。総事業費約2200億円のうち、約620億円を市が負担する。

 「高速横浜環状北西線」(以下北西線)は、青葉区の東名高速・横浜青葉ICと都筑区の第三京浜・港北ICを結ぶ、約7・1Kmの高速道路。先月10日、都市計画事業に認可され、現在地形調査などが一部進んでいる。今後トンネルや橋梁など道路構造物の設計を進め、用地取得に着手する。

 北西線が整備されると、2016年度完成予定の生麦JCTと港北ICを結ぶ「高速横浜環状北線」と一体となる。これにより東名高速道路から横浜港や羽田空港への所要時間が短縮されるだけでなく、慢性的に混雑する保土ケ谷バイパスの交通量を分散でき渋滞緩和にもつながるとしている。神奈川県トラック協会担当者は「今は、東名と市内高速を結ぶ主要道路は保土ケ谷バイパスだけなので、完成すれば物流環境が大きく改善するのでは」と話す。

今月末から住民説明会

 事業地周辺の住民に向け、市と首都高速道路は今月29・30日・9月2・3日、北西線の全体概要など事業説明会を青葉区・都筑区で実施する。事業予定地の横浜青葉IC付近で農業を営む男性は「道路予定地など詳しい説明がない。野菜や稲は太陽や(高速道路の照明など)光の当たり方で成長が変わるので説明会で詳しく話を聞きたい」と話す。市は今後、周辺住民から要望などを聞き、事業を進めるとしている。

市内全域結ぶ計画も

 現在、市は北西線と北線のほか、「高速横浜環状南線」「横浜湘南道路」も事業中。市内に「横浜環状道路」を造るため、北線と南線、計画中の「横浜環状道路西側区間」を高速道路で結ぶ事業を計画している。市道路局事業調整課担当者は「(横浜環状道路が完成すれば)市内一般道の慢性的な交通渋滞改善や市民生活の利便性向上などが望める」と話している。
 

都筑区版のトップニュース最新6件

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月15日号

混雑緩和策で6両化へ

市営地下鉄グリーンライン

混雑緩和策で6両化へ

2月15日号

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月8日号

セン南駅で旅券発給へ

横浜市

セン南駅で旅券発給へ

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

障害者の外出サポート

都筑区社協

障害者の外出サポート

2月1日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

障害者らの芸術・音楽

障害者らの芸術・音楽

10日から区内各地で開催

2月10日~2月28日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク